人気ブログランキング |

フルムーンパーティー帰りのスピードボート事故で8名死亡確認(サムイ)


 このニュースは カテゴリー:「ビーチリゾート」にて

昨日、 「パンガン島ースラタニ間のフェリー転覆」 とご紹介しましたが、正確な報道を拝見しましたので、ここにて修正を含めてご紹介します。


 2005年1月25日5:20(早朝!) タイ南部スタラニ県サムイ島沖合いでスピードボートの事故が起きました。

 注意しますと、サムイはアンダマン海ではありません。なので一連の津波被害とは関係薄とご判断ください。

 このスピードボートt、通称Sud Sakhon号,正式Sawasdee Chalermchoke Nava5号は定員20名ほど。そこに45名ほどが乗船。ただし、報道によると通常43名を乗せていたようです。

 スピードボートはサムイ島沖合いのパンガン島から4:15頃出発しました。
 彼らの目的は、パンガン島で行われていた「フルムーンパーティー」 いうならば、アルコールとドラッグのパーティーです。満月の日、このパンガン島にはたくさんのタイ人、外国人が訪れます。

 タイはドラッグ禁止です。
 警察も取締りをしています。(表面的に)
 日本大使館もこの目的参加を歓迎していません。
 でも、毎回開催されます。大変、島のマフィアがらみが強い要素。

 フルムーンパーティー参加者を乗せたパンガン島を出発したスピードボートは早朝の海をサムイへ。
 そしてスピードでバランスを崩し、サムイ島沖合いのSom島とLum Mu Noi島近辺で転覆しました。

 この事故で西洋人5名(American、Briton,Israeli)とタイ人3名の死亡が確認。
 24名が行方不明。Swiss、Herman,Australian,Swedish,Hungarian,Thai など。

 今後のフルムーンパーティーへの規制が強まりそうです。
 
 まもあん


参考:

 Excite エキサイト : 国際ニュース

「タイ東海岸沖で高速ボート転覆、7人死亡」(2005年01月25日 21:53)