オリエント・タイ航空の東京低空飛行


 昨日の報道などで、2004年9月19日、羽田発バンコク行きチャーター便運行の為、羽田空港に空で飛行していたオリエント・タイ航空が、東京湾上空高度約1200メートルにて、羽田空港の管制官から操縦士の「視認進入」の許可を受け、その後、東京都上空で低空飛行、東京タワーと高度差約200メートル近くまで接近しました。

 オリエント・タイ側は操縦士の判断ミスと謝罪したようですが、一つ間違えれば、アメリカ同時テロをイメージしてしまいます。
 
 なおオリエント・タイ航空(OX)はタイの格安航空会社。
 主にタイ国内と飛行していますが、香港への国際便も運行しています。

 Orient Thai Airlineのサイトは こちら

 まもあん
[PR]

「第一回東京アジア・ミュージックマーケット(TAM)」主催 

主催: 財団法人 音楽産業・文化振興財団
協力: 中国音像協会/韓国文化コンテンツ振興院/(社)音楽出版社協会
協賛: 東京国際映画祭組織委員会


「TAM LIVE SHOW CASE ~ASIA POPS DAY~」
2004年10月21日
出演者:Barng Kaew、Tom Yam(タイ)May、Lisa(韓国)
Bang Kaewは双子の男性デュオ。
Tom YamはGRAMMYが主催する新人発掘育成プラン「G-Junior」出身でこれから本国でデビューする美少女4人組ユニット。
開場: 渋谷eggman 
定員: 300名  
開場: 17:30
開演: 18:00
料金: 前売 ¥1,500(税込・立見・ドリンク込)
     当日 ¥2,000(税込・立見・ドリンク込)

10月22日は「CHINESE DAY」、
10月23日(土)は「KOREA indies DAY」

まもあん
[PR]
バンコクのノッポホテル バイヨーク・スカイ・ホテル。
先ごろまで携帯電話会社の広告がこの高い建物にありました。
メッシュのように建物の上層部の窓を覆い、遠くから見ても目立っていました。

DTAC

今も脳裏に残っています。

それがはずされました。
なんとすっきりとしたことか。

けれど、また新しい広告がお見えです。
今回は銀行。

Standard Charterd Bank

しかも男性の人の上半身がバイヨーク・スカイに張られています。

よーーくみると。。。。。。
男性の目のところ客室の窓では??

なんか怖いです。

新しいバンコク名所となるでしょうか。

まもあん
[PR]
オリエンタルホテル横の歴史的建物がある国有地は不動産大手ナチュラルパーク社が落札。落札金額は推定5億6000万バーツ。
この建築物は今後、期間限定でホテルへ改装されます。


2004年8月9日、不動産事業を展開しているNational Park Plc. がPacific Assets Plc.の㈱式36.6%を取得しました。

National Park Plc. のプランとしては、
Hotelとして、
 Siam Hotel
 Sofitel Sukhumvit
 chedi Hotel Chiang Mai
 Setai Phuket
 Novotel Panwa Beach Resort
 Aman Niwa Japan
Serviced Apartmentとして
 Natural Park Service Apartment Sukhumvit 49
 Siam Servised Apartment
 Chedi Apartment Chiang Mai
Office Buildingsとして、
 The Plantinum

Pacific Assets Plc.のプランとしては、
Hotelとして、
 Le Meridien Phuket Beach
 Le Meridien Phuket Yatch Club
 Le Meridien Baan Taling Ngam
Serviced Apartmentとして、
 Pantip Court Executive Residence
Office Buildingsとして、
 One Pacific Place
 Two Pacific place
 Nailert Building


 タイの不動産業界、リゾート業界にさらに勢力を広げそうな雰囲気です。

 まもあん
[PR]
昨年の2003年10月9日。
3歳のオス シュアンシュアンChuang Chuang と2歳のメス リンフィLin Huiが
チェンマイ動物園にパンダ2頭が到着した日。

このたび1周年。

この間約80万人の入場者を向かえ、入場料とお土産など金額ににすると
約3200万バーツとのこと。
なお、このパンダさん2頭にはタイ式にそれぞれ「神」と「女神」を
意味するテーワンとテーウィーというタイ語名が付けられています。

まもあん
[PR]
2004年9月30日、バンコク都内で19歳のラオス人女性の飛び降り自殺がありました。

場所はSuan Luang Condominium 10階から。
このラオス人女性、Longさんはは2004年9月23日にタイに入国。
来月帰国する予定だったそうです。この女性はこのコンドミニアムの住民では
ありませんでした。
コンドミニアムの警備員の証言によると、当日午後2時、住民であるタイ人男性
Saksin Wongthanphan(20歳)とビルに入っていくのを見たそうです。
そのとき女性は泣いていたとのこと。警備員がその住民の部屋に行くと、
その住民は「女性なんて知らない」。後、非常口から警備員が確認すると、
地面に倒れているラオス女性を発見しました。果たしてこの真相はいかに?

まもあん
[PR]
2004年10月13日、タイ農業・協同組合省が発表している鳥インフルエンザの感染地域

 現在、感染地域は32県1都。
(1)バンコク都
(2)ロッブリー県
(3)スパンブリー県
(4)アユタヤー県
(5)サラブリー県
(6)アントン県
(7)シンブリー県
(8)チャチェーンサオ県
(9)ラヨーン県
(10)プラチンブリー県
(11)サムットプラカーン県
(12)チョンブリー県
(13)ナコンナーヨック県
(14)ナコンパトム県
(15)カンチャナブリ県
(16)ラーチャブリー県
(17)サムットサコン県
(18)コーンケーン県
(19)チャイヤプーン県
(20)ナコンラチャシーマー県
(21)ロイエット県
(22)スリン県
(23)ナコンサワン県
(24)ピサヌローク県
(25)ウタイタニー県
(26)ペチャブン県
(27)ウッタラディット県
(28)ピチット県
(29)スコータイ県
(30)ガムペンペット県
(31)ターク県
(32)ヤラー県
(33)スラータニー県

なお、一部報道で人から人への感染の可能性が報道されましたが、現在調査中です。
 バンコクで生活している限り、ただ鳥との接触をさけ、うがいや手洗いを定期的に行うのが予防策。疑心暗鬼となりつつも、自分になにができるかを見直すしかございません。
 皆さんも情報を収集し、正確にご検討ください。

 まもあん
[PR]
2004年10月13日から10月22日にかけて、タイ国内で「キンチェー」Kin Jayが開催されています。分かりやすい捉えかたは精進料理。特に有名なのは中華系の方が多いプーケットのフェスティバル。

下記参考スケジュールをご紹介します。
予定変更になる場合もございますのでご了承ください。


Schedule for the Kin Jay festival in Phuket

2004.10.13
17:00 Invitation to place a lantern at the top of ko Teng pole
24:00 Invitation to the Phra Yok Png Song Tae(Phra Isuan) and Phra Kew Ong Tai Taw(the Nine Great Gods)

2004.10.14
Chong keng ceremony (prayers),Thak Sor (reading names of the ceremony's participants)

2004.10.15
Chong Keng ceremony, Thak Sor, Pai Lao Chai Lew (worship of spirits of the departed)

2004.10.16
Chong Leng ceremony,Thak Sor,
Pang Kun ceremony(honoring solders protecting festival territory)
Ko Kun ceremony (feeding solders who protecting the Joss Hourse)
Invitation to Lum Tao Puk Tao(God who keeps the list of birds and deaths)

2004.10.17
Chong Keng ceremony,Thak Sor and Pai Lao Chai Lew

2004.10.18
Chong Keng ceremony,Thak Sor

2004.10.19
Chong Keng ceremony,Thak Sor and Ko Kun.
Ascending bladed ladder and Oil anoonting ceremonies, Khoi Hoi (walking barefoot on hot coals),Lew Keng (parade of the Buddha image) in Thalang district

2004.10.20
Chong Keng ceremony,Thak Sor and Ko Kun
Khoi Chid Chair ceremony (worship of the seven Gods of the seven Days)
Ascending bladed ladder ceremony

2004.10.21
Khoi Han ceremony (bad luck removal)

2004.10.22
Ko Kun ceremony
Farewell ceremony for Phra Yok Ong Song Tae.
Farewell ceremony to Phra Kew Ong Tai Taw at Saphanin

2004.10.23
Ascent of the Ko Teng Pole
Ko Kun and Chew Khun (recalling the solders guarding the Festival territory)





まもあん
[PR]