<   2011年 10月 ( 95 )   > この月の画像一覧

 タイ 情報メモ


 日本国大使館が、タイ水害に関する情報をUPしました。

 以下、転記します。

----------------------------------------------------------


タイにおける洪水被害に対する調査チームの派遣 http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/23/10/1028_03.html


平成23年10月28日



1.本28日(金曜日),我が国は,タイにおける洪水被害に関し,国際協力機構(JICA)を通じ,氾濫水の有効な排水支援の検討を行うための調査チームを,10月29日(土曜日)から2週間程度の予定で派遣することとしました。
(1)國枝 達郎 (独)水資源機構 総合技術センター 国際グループ チーフ
(2)新田 恭士 (財)先端建設技術センター 研究第一部 主任研究員
(3)鈴木 和哉 (独)国際協力機構(JICA)地球環境部計画・調整課長
(29日16時55分発タイ航空677便に搭乗予定)
2.我が国は,引き続き,タイ側のニーズに応じて,タイに対する支援について積極的に検討していく予定です。

【参考】
これまで我が国はタイに対し以下の支援を実施(外務省・JICA分)
(1)10月10日,国際協力機構(JICA)を通じ,3,000万円相当の緊急物資(テント,浄水器等)の供与を決定。14日引き渡し済み。
(2)10月14日,スリンASEAN事務総長から玄葉外務大臣への要請を受け,タイ及びカンボジアの洪水被害に際し,ASEANが派遣するアセスメントチームに,我が国からJICAの専門家1名を派遣することを決定(19日派遣)
(3)10月18日,タイにおける洪水の被害状況の調査のため,JICA調査団の派遣を決定(19日派遣)
(4)10月18日,国際協力機構(JICA)を通じ,2,500万円相当の緊急援助物資(救援ボート用船外機,ライフジャケット,仮設トイレ)の追加供与を決定。21日小島在タイ大使からインラック首相への引渡式を実施。
(5)国際救助隊専門家チーム(地下鉄施設対応チーム2名,上水道施設対応チーム2名の計4名)が26日に,同空港施設対応チーム(2名)が27日に,バンコクに到着。



---------------------------------------------------

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
海外生活ブログ アジア情報でリアルなタイ情報をチェック!】
↑クィックで、ブログランキングもあるにほんブログ村へ↑

にほんブログ村 トラコミュ タイ&アジアン・ニュースへ
タイ&アジアン・ニュース
↑「タイ&アジアンニュース」のトラコミュへ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイへ
タイ
↑「タイ」のトラコミュへ↑



★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、サイト「まもあん本舗」関連のブログです。
タイ情報満や海外情報満載の「にほんブログ村 海外生活ブログ」や
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ
情報源にご活用を「にほんブログ村 ニュースブログ」とリンク&ブログランキング提携しています。
★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]
 タイ 情報メモ




タイ保険省による「2010年 タイ国内自殺者数」のデーターをご紹介。

 総数 3761名
 人口10万人あたり5.9名

 年齢別
 19歳以下 268名
 20-29歳 770名
 30-39歳 885名
 40-49歳 756名
 50-59歳 508名
 60-69歳 298名
 70-79歳 207名
 80歳以上 69名

 人口10万人あたりで自殺者が多い都県
 1位 20名 ランプーン
 2位 15.6名 チェンライ
 3位 14.5名 メーホンソン
 4位 13名 ナーン
 5位 12.5名 チェンマイ

 北部に集中は人柄のせいか。
 自殺を選択した理由も気になるところです。


 現在タイ中部にて水害被害が落ち着かないところ。
 日ごろ水害に縁が薄いバンコク都民も、インスタント麺を買い込んだり神経質になっています。
 この水害の後、ストレスや財政難で自殺の数が増えないことを祈ります。




初載  メルマガ  「まもあんのタマダー」No.0665 ( 2011.10.12)




---------------------------------------------------

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
海外生活ブログ アジア情報でリアルなタイ情報をチェック!】
↑クィックで、ブログランキングもあるにほんブログ村へ↑

にほんブログ村 トラコミュ タイ&アジアン・ニュースへ
タイ&アジアン・ニュース
↑「タイ&アジアンニュース」のトラコミュへ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイへ
タイ
↑「タイ」のトラコミュへ↑


★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、サイト「まもあん本舗」関連のブログです。
タイ情報満や海外情報満載の「にほんブログ村 海外生活ブログ」や
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ
情報源にご活用を「にほんブログ村 ニュースブログ」とリンク&ブログランキング提携しています。
★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]



為替事情メモ


にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ

海外生活ブログ アジア情報でリアルなタイ情報をチェック!】
↑クィックで、ブログランキングもあるにほんブログ村へ↑

にほんブログ村 トラコミュ タイ&アジアン・ニュースへ
タイ&アジアン・ニュース
↑「タイ&アジアンニュース」のトラコミュへ↑

にほんブログ村 トラコミュ タイへ
タイ
↑「タイ」のトラコミュへ↑



 2011年10月31日 AM 10:00 付け
  Bangkok Bank の為替状況 (Buying Rates)

USD1 US$1 = 29.60 BAHT
USD5 US$5-20 = 29.91 BAHT
USD50 US$50-100 = 30.38 BAHT
Euro 42.59 BAHT
JPY 10,000 yen = 3,804 BAHT



まもあん


海外生活ブログ タイ情報でリアルなタイ情報をチェック!】
↑クィックで、ブログランキングもあるにほんブログ村へ↑



★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、サイト「まもあん本舗」関連のブログです。
タイ情報満や海外情報満載の「にほんブログ村 海外生活ブログ」や
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ
情報源にご活用を「にほんブログ村 ニュースブログ」とリンク&ブログランキング提携しています。
★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]
 タイ 情報メモ



 2011.10.30 のバンコクの様子


 バンコク都内を散策


b0035675_23263042.jpg


 
 パッポン通り前

b0035675_23282494.jpg



 地下鉄 ルンピニ駅付近からサトーン通り



 以上、バンコク都心に水害の影響なし



 タイ湾への満潮、満潮自体1日に1,2回はあるのだろうが、ひとまず高レベルは回避。
 ただし今回のピ-クの影響は、トンブリー地区や、中華街、スクムヴィット通りのソイ50に与えましたが、まだコントロールできるか。


 一方、ドン・ムアング空港への浸水は1M近くなっている模様。
 すでに救援支援センター機能は移転。
 なお、滑走路に取り残された航空機は、すでに使わない機体のようです。




---------------------------------------------------

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
海外生活ブログ アジア情報でリアルなタイ情報をチェック!】
↑クィックで、ブログランキングもあるにほんブログ村へ↑

にほんブログ村 トラコミュ タイ&アジアン・ニュースへ
タイ&アジアン・ニュース
↑「タイ&アジアンニュース」のトラコミュへ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイへ
タイ
↑「タイ」のトラコミュへ↑

★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、サイト「まもあん本舗」関連のブログです。
タイ情報満や海外情報満載の「にほんブログ村 海外生活ブログ」や
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ
情報源にご活用を「にほんブログ村 ニュースブログ」とリンク&ブログランキング提携しています。
★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]
 タイ 情報メモ

在タイ日本個k大使館から、水害に関する情報がUPされましたので、以下、転記いたします。


----------------------------------------------


バンコク都における降雨・洪水被害に関するお知らせ
           (2011年10月29日現在)

 在タイ日本大使館においては、タイにおける降雨・洪水被害に関する情報発信の
方法の一つとして、「NHKワールドラジオ日本」(短波放送)及びタイFM放送局による情報提供の準備を進めております。具体的な放送局名及び開始時期等につい
てはあらためてお知らせ致しますので、既にラジオをお持ちの方は、準備お願い致します。

●「NHKワールドラジオ日本」(短波放送)
時間帯(タイ時間):09:00~12:00(周波数:17810)
時間帯(タイ時間):09:00~10:00(周波数:11860SNG)
時間帯(タイ時間):15:00~17:00(周波数:6140SNG)
時間帯(タイ時間):17:00~00:00(周波数:11815)
時間帯(タイ時間):00:00~02:00(周波数:7355)
時間帯(日本時間):04:00~05:00(周波数:6075)
時間帯(日本時間):05:00~07:00(周波数:11665)
*上記時間帯の番組の間の1分~2分程度

NHKワールドラジオ日本ホームページ
www.nhk.or.jp/nhkworld/japanese/radio/

●タイFM放送局  *詳細が決まり次第お知らせ致します。


(参考)オンライン版バンコクポストの報道によれば洪水被害が予想される地区ごとの具
体的な水位を示しておりますので参考としてください。
http://www.bangkokpost.com/news/local/263706/all-of-faces-inundation


在タイ日本国大使館
○領事部
電話:(66-2)207-8502、(66-2)696-3002(邦人援護)
FAX :(66-2)207-8511
○経済部(日本企業支援センター、夜間は上記連絡先に願います)
電話:(66-2)207-8595
FAX :(66-2)207-8517
○日本大使館ホーム・ページ
「タイ洪水被害関連情報」
http://www.th.emb-japan.go.jp/
○Twitterを開始いたしましたので、こちらも参照してください。
http://twitter.com/#!/japanEmb_Thai





---------------------------------------------------

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
海外生活ブログ アジア情報でリアルなタイ情報をチェック!】
↑クィックで、ブログランキングもあるにほんブログ村へ↑

にほんブログ村 トラコミュ タイ&アジアン・ニュースへ
タイ&アジアン・ニュース
↑「タイ&アジアンニュース」のトラコミュへ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイへ
タイ
↑「タイ」のトラコミュへ↑


★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、サイト「まもあん本舗」関連のブログです。
タイ情報満や海外情報満載の「にほんブログ村 海外生活ブログ」や
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ
情報源にご活用を「にほんブログ村 ニュースブログ」とリンク&ブログランキング提携しています。
★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]
 バンコク 情報メモ



 2011.10.29 のバンコクの状況


 チャンネル3を見て。


 王宮エリアの浸水は、排水がされつつも、チャオプラヤー川の増水とともに浸水が始まるといった根気線の模様。周囲の市場のテナントも浸水の影響あり。



 チャオプラヤー川沿岸のリバーシティ周辺も水が流れ込む。落ち着きを取り戻すも、水の流れが速い時は渓流と同じ。くるぶし以上ひざ下の水深でも足取りは注意が必要。

 

 近辺の中華街エリアでもひざ下の浸水が広がる。黄金物寺院付近では厳重に水対策。


 バンコク北部のすでに冠水エリアでは、ムアンエ―ク・エリアは1階部分が冠水状態か。
 ドンムアング空港の東側のプミポン病院エリアもひざ下冠水。


 北東のサイマイ区の道路は、渓流の如く。タイ中部でもあるようですが、店を閉めているコンビニエンスストアを狙う犯行も続発の様子。


 前夜 10.28 雨がエリアによって違いますが1,2時間降っている。
 北部の水、川の増水とともに不安様子であります。


 全般的にはバンコク都心は、ダメ―ジを受けておりません





---------------------------------------------------

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
海外生活ブログ アジア情報でリアルなタイ情報をチェック!】
↑クィックで、ブログランキングもあるにほんブログ村へ↑

にほんブログ村 トラコミュ タイ&アジアン・ニュースへ
タイ&アジアン・ニュース
↑「タイ&アジアンニュース」のトラコミュへ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイへ
タイ
↑「タイ」のトラコミュへ↑


★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、サイト「まもあん本舗」関連のブログです。
タイ情報満や海外情報満載の「にほんブログ村 海外生活ブログ」や
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ
情報源にご活用を「にほんブログ村 ニュースブログ」とリンク&ブログランキング提携しています。
★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]
 バンコク 情報メモ



2011.10.28 のバンコクの状況を。


b0035675_11464053.jpg



 ファランポー駅に寄ってみた。
 駅前は水害の影響なし。



b0035675_11472655.jpg



 このほほ笑みがタイを救えるか。



b0035675_11481550.jpg



 駅構内で本の特売が。

b0035675_11484875.jpg



 この時点では、南部線が遅れていた。




 昼、作業場にいると、ニューロードが浸水したという。
 ロビンソンデパートのあたり。
 タクシン橋か?

 ということで、BTSに乗って移動。




 BTSから下を見るが、全く水はない。
 誤報は怖い。



b0035675_1149434.jpg



 タクシン橋駅で降りずに、1駅過ごす。
 チャオプラヤー川を渡りトンブリー側へ。
 こちらも浸水なし。




b0035675_11502314.jpg



 再びBTSに乗り、チャオプラヤー川を渡る。
 見たところ、シャングリラ・ホテル付近の水の高さは安全を維持しているように見える。






---------------------------------------------------

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
海外生活ブログ アジア情報でリアルなタイ情報をチェック!】
↑クィックで、ブログランキングもあるにほんブログ村へ↑

にほんブログ村 トラコミュ タイ&アジアン・ニュースへ
タイ&アジアン・ニュース
↑「タイ&アジアンニュース」のトラコミュへ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイへ
タイ
↑「タイ」のトラコミュへ↑

★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、サイト「まもあん本舗」関連のブログです。
タイ情報満や海外情報満載の「にほんブログ村 海外生活ブログ」や
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ
情報源にご活用を「にほんブログ村 ニュースブログ」とリンク&ブログランキング提携しています。
★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]
  タイ 情報メモ


 在タイ日本国大使館よりタイ水害に関する情報がUPされましたので
 以下、転記いたします。



------------------------------------------------



バンコク都における降雨・洪水被害に関する注意喚起
               (2011年10月28日現在)

28日午前、チャオプラヤー川の増水と潮位の影響で、プラカノン区にあるプラカノン運河の一部が損壊したことにより、同区の一部(スクムビット・ソイ50周辺)において冠水被害が発生しました。プラカノン運河の損壊は、その後、修復されましたが、29日、30日とタイ湾の潮位は引き続き高い傾向にあります。チャオプラヤー川その他の河川・運河などの増水に警戒してください。

(参考1)タイ湾の満潮時刻(予報)
29日(土) 07:30頃~10:00頃  
       17:30頃~20:00頃
30日(日) 08:00頃~10:30頃
   18:00頃~20:30頃

○潮時表サイト
(月単位のグラフ:10月)
http://tides.mobilegeographics.com/calendar/month/362.html
(3日程度のグラフ)
http://tides.mobilegeographics.com/locations/362.html?y=2011&m=10&d=14
(類似の別サイト:上記サイトと潮時データが一致)
http://www.myforecast.com/bin/tide.m?city=W48455&metric=true&tideLocationID=T0138

(参考2)25日付の「大使館からのお知らせ」のとおり、インラック首相は「最悪のケースとして、堤防が崩れる、又は、水位が予想を超えるような場合、バンコクは場所によって高低が異なることから、洪水の水位は10センチメートル~1.5メートルとなると見込まれる。」との声明を発表しております。同様に、オンライン版バンコクポストは、「最悪のシナリオ」としてチャオプラヤー川沿いで1~2メートルの浸水を想定しているとの学識者の見解を示すとともに洪水被害が予想される地区ごとの具体的な水位を示しています。
http://www.bangkokpost.com/flood2011/

(参考3)日本大使館では、洪水被害関連の最新の情報を、Twitterおよびホームページに掲載しています。こちらも参照してください。
○在タイ日本大使館Twitter
http://twitter.com/#!/japanEmb_Thai
○在タイ日本大使館ホーム・ページ、「タイ洪水被害関連情報」
http://www.th.emb-japan.go.jp/



在タイ日本国大使館
○領事部
電話:(66-2)207-8502、(66-2)696-3002(邦人援護)
FAX :(66-2)207-8511
○経済部(日本企業支援センター、夜間は上記連絡先に願います)
電話:(66-2)207-8595
FAX :(66-2)207-8517





---------------------------------------------------

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
海外生活ブログ アジア情報でリアルなタイ情報をチェック!】
↑クィックで、ブログランキングもあるにほんブログ村へ↑

にほんブログ村 トラコミュ タイ&アジアン・ニュースへ
タイ&アジアン・ニュース
↑「タイ&アジアンニュース」のトラコミュへ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイへ
タイ
↑「タイ」のトラコミュへ↑

★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、サイト「まもあん本舗」関連のブログです。
タイ情報満や海外情報満載の「にほんブログ村 海外生活ブログ」や
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ
情報源にご活用を「にほんブログ村 ニュースブログ」とリンク&ブログランキング提携しています。
★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]
 バンコク 情報メモ



 バンコク近状



2011.10.28 昼の時点では、バンコク首都警察はバンコク都内の14箇所の道路の規制をしております。
このニュースは、まだ浸水エリアでない我が家のとしては、参考になるデーター。



参考 英字新聞バンコクポスト
http://www.bangkokpost.com/breakingnews/263625/14-city-roads-closed

バンコク北部

1. Vibhavadi Rangsit: between National Memorial and Lak Si intersection;
2. Phahon Yothin: between National Memorial and Soi Phahon Yothin 50;
3. Khamphaeng Phet 6 (local road): between the entrance to Muang Ake housing estate to Thung Song Hong intersection;
4. Songprapa: between Sri Saman and Kor Sor Bor intersections;
5. Weluwanaram: the entire road;
6. Liap Khlong Song: between Air Force Palathikarn and Sapan Poon intersections;
7. Chantharubeksa: between Air Force Academy and Chantharubeksa intersections.

バンコク西部

8. Charan Sanitwong: between Bang Phlad intersection and Sirindhorn interchange;
9. Arun Amarin: between Arun Amarin intersection and Sirindhorn elevated road;
10. Boromratchachonnani:between Pin Klao bridge and Sirindhorn elevated road;
11. Boromratchachonnani:between Phutthamonthon 3 and Phutthamonthon 4 intersections;
12. Sirindhorn: between Bang Phlat intersection and Sirindhorn elevated road;
13. Uthayan: between Uthayan and Phutthamonthon 3 intersections; and
14. Sala Thammasop: the entire road.




2011.10.28 15:00ころの時点では、
バンコク都内 スクムヴィット通りのソイ48、50付近で浸水とのこと。
水は現時点では引いている様子。


 基本情報ですが、スクムヴィット通りは東西に伸びている道路で、パタヤ・ビーチまで、その先々は続いています。
 バンコク都内では、ソイの奇数が北側、偶数が南側になっております。
 今回のロケーションは、タイ湾からチャオプラヤー川に入り、蛇行しているエリアです。
 BTSの駅で言いますとプラカノン駅の南のほうです。
 

 私見では、現時点では、エリポリウムやアソーク通りには影響はないといえます。




参考 英字新聞バンコクポスト
http://www.bangkokpost.com/breakingnews/263644/sukhumvit-flooded






---------------------------------------------------

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
海外生活ブログ アジア情報でリアルなタイ情報をチェック!】
↑クィックで、ブログランキングもあるにほんブログ村へ↑

にほんブログ村 トラコミュ タイ&アジアン・ニュースへ
タイ&アジアン・ニュース
↑「タイ&アジアンニュース」のトラコミュへ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイへ
タイ
↑「タイ」のトラコミュへ↑


★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、サイト「まもあん本舗」関連のブログです。
タイ情報満や海外情報満載の「にほんブログ村 海外生活ブログ」や
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ
情報源にご活用を「にほんブログ村 ニュースブログ」とリンク&ブログランキング提携しています。
★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]
 タイ 情報メモ



 在タイ日本国大使館から、タイ水害に関しての情報がUPされました。
 
 これを目にして、ただ恐怖心がイメージされますが、現在のバンコク都内の大方は、まだ想定するには早いと思います。
 ただし、タイ中部からバンコク都までに関しては長く水がたまっていますので、このような水に触れた際には、きれいに流すなどは心がけたほうがよいでしょうか。
 今後のバンコク都への浸水しだいでは、要注意の事項となります。

 もし浸水が都内へ進行した場合、病院の外来も規制される傾向かもしれません。
 事前に抗生剤や解熱鎮痛剤を確保、クリーナーのペーパーまたは生活用水の確保が望ましいでしょうか。


 個人的に怖いのはデング熱。水が引いた後、残っている水溜りにぼうふらが発生、成長蚊となり、時としてデング熱をはやらすことがあります。一度体験していますが、発症しますと、体が重く感じ、関節がうまく機能せず、高温状態(37度以上)で熱があがったり下がったりします。この場合は早期に治療を受ける必要があります。蚊に多くさされたりした場合は酔う注意してください。


 以上、私の私見にて。(我が家は、薬の確保、水の確保は対応済みです)



以下、在タイ日本国大使館の情報を転記します。



----------------------------------------------------------------

洪水発生時に起こりうる感染症についての注意喚起
                  (2011年10月28日現在)

 氾濫した水域の水質は、ガソリン等の油、生活排水、さらには糞尿等により汚染されている可能性が
あり、感染症等を発するおそれがあります。現在のところ洪水による特定の感染症の流行の報告はあり
ませんが、念のため以下の感染症に注意するとともに、やむを得ない場合を除き、氾濫した浸水域への
立ち入り・接近は避けるようにしてください。


1.汚水の経口感染によるもの
(1)起こりうる感染症:コレラ、A型肝炎、腸チフス等
(2)予防策:手洗いを励行し、飲食物の摂取には十分注意してください。飲料にはできる限りボトル水
等を利用してください。

2.汚水の皮膚の傷口や粘膜等からの感染によるもの
(1)起こりうる感染症:レプトスピラ症(※下記参照)、結膜炎、破傷風等
(2)予防策:不必要に水の中に入ることなく、皮膚等が汚水に触れた場合は清潔な水で十分に洗い流
してください。破傷風は釘などを踏んだ際の刺し傷で感染の危険があるので、ワクチンを接種しておくことを
すすめます。

3.蚊の発生増加によるもの
(1)起こりうる感染症:デング熱、マラリア等
(2)予防策:特に洪水の水がひいた後には大量発生が予想されますので、蚊の対策が必要です。

4.その他
(1)起こりうる感染症:インフルエンザ等
(2)予防策:長期化して疲労が蓄積すると免疫力の低下により様々な感染症にかかりやすくなります。栄
養と休養を十分に取るよう心がけてください。

(※)レプトスピラ症:病原体はドブネズミなどの動物の尿中に存在し、汚水に触れることで皮膚の傷口等か
ら感染します。潜伏期間は5~14日間で、症状は、発熱、頭痛等の風邪症状に似た軽症型から、黄疸、
出血等多彩な症状を示す重症型まであります。治療には一部の抗生物質が有効なので、正しく診断され
る必要があります。なお、タイ全体では例年数千人の患者発生数があります。詳細は以下の国立感染症
研究所(日本語)のウェブサイトを参照してください。
http://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k03/k03_012/k03_012.html

なお、厚生労働省検疫所FORTH(日本語)
http://www.forth.go.jp/topics/2011/10181635.html

WHO世界保健機関(英語)
http://www.who.int/hac/techguidance/ems/flood_cds/en/

のウェブサイトにも、洪水と感染症に関する記載がありますので参考にしてください。


在タイ日本国大使館
○領事部
電話:(66-2)207-8502、(66-2)696-3002(邦人援護)
FAX :(66-2)207-8511
○経済部(日本企業支援センター、夜間は上記連絡先に願います)
電話:(66-2)207-8595
FAX :(66-2)207-8517
○日本大使館ホーム・ページ
「タイ洪水被害関連情報」
http://www.th.emb-japan.go.jp/
○Twitterを開始いたしましたので、こちらも参照してください。
http://twitter.com/#!/japanEmb_Thai



---------------------------------------------------

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
海外生活ブログ アジア情報でリアルなタイ情報をチェック!】
↑クィックで、ブログランキングもあるにほんブログ村へ↑

にほんブログ村 トラコミュ タイ&アジアン・ニュースへ
タイ&アジアン・ニュース
↑「タイ&アジアンニュース」のトラコミュへ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイへ
タイ
↑「タイ」のトラコミュへ↑


★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、サイト「まもあん本舗」関連のブログです。
タイ情報満や海外情報満載の「にほんブログ村 海外生活ブログ」や
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ
情報源にご活用を「にほんブログ村 ニュースブログ」とリンク&ブログランキング提携しています。
★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]