スワンナプーム&ドンムアン空港にエリア限定の非常事態宣言発令

 動きあり

---------------------------------------------------

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
海外生活ブログ アジア情報でリアルなタイ情報をチェック!】
↑クィックで、ブログランキングもあるにほんブログ村へ↑

にほんブログ村 トラコミュ タイ&アジアン・ニュースへ
タイ&アジアン・ニュース
↑「タイ&アジアンニュース」のトラコミュへ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイへ
タイ
↑「タイ」のトラコミュへ↑

-------------------------------------------------------


まず在タイ日本国大使館からのお知らせを

============================
市民民主化同盟(PAD)によるデモ行動(スワンナプーム空港)(その5)

1.11月27日午後4時現在においても、PAD等反政府グループによる引き続きの大規模集会により、スワンナプーム空港における航空機の離発着は見合わされている状況です。
この度、空港当局により、同空港閉鎖時間帯が更に48時間延長され、29日(土)午後6時まで継続することが決定されました。その後の対応については現在判明していません。

2.その他の空港等の閉鎖状況につき、11月27日午後4時現在の状況は下記のとおりです。
    ドンムアン空港・・・28日午後6時まで発着不可(その後は未定)
    チェンマイ空港・・・バンコクとの往復便を除き通常運航中
    プーケット空港・・・バンコクとの往復便を除き通常運航中
  なお、プーケット、チェンマイは現在第三国経由での出国を予定されている方が多数いるため、飛行機の予約は相当困難な模様です。

3.今回の決定は、48時間延長という更なる長時間の閉鎖延長であることから、スワンナプーム空港を訪れてもチェックインはほぼ不可能と思われ、同時にデモが継続されている現状からも、同空港に近づくことは避けた方が良いと思われます。
  したがって、タイに滞在中・渡航予定の方は、事前に空港及び航空会社からフライトの運航状況を十分に確認してください。
また、報道等から最新情報の入手に努めるとともに、これら抗議行動が発生している場所付近には近づかないようにしてください。
  
4.なお、日本行航空券を発行している、主な航空会社の電話番号については、下記のとおりです。
   ・02-649-9500(日本航空、タイ国内・タイ語)
   ・001-800-852-5511(日本航空、国際電話、日本語)
   ・02-238-5121(全日空・タイ国内)
   ・02-356-1111(タイ航空・ホテル提供及びチケット変更等)

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館
 電話:(66-2)207-8500、696-3000(代表)
    (66-2)207-8502、696-3002(邦人保護)
    (66-2)207-8501、696-3001(パスポート、証明、在外選挙等)
 FAX :(66-2)207-8511

============================

 そして、こののち前述のとおり、スワンナプームに関しては11月29日18:00まで業務停止が確定。

 そして、ソムチャイ首相のテレビ発表が21:00に行われ、スワンナプームとドンムアンから関係ない人は出てゆきなさい、出てゆかないと撤去する旨のエリア限定的な非常事態宣言が発令。中心は警察と海軍らしいです。陸軍は動きませんね。
 このため親政府派のUDDは静観するでしょうが、この2か所以外で小競り合いが起きる可能性もあるので注意が必要。
 いずれにしてもこれから12時間でどんな動きがあるのか。


Excite エキサイト : 国際ニュース タイの2空港に非常事態宣言 首相、軍をけん制





 10月7日の衝突では世論的に警察側へ不信感が集まりましたが、今回の空港への行動はタイの一般市民からも非難の声が集まってきている雰囲気ありです。しかし、武力衝突はやはり避けてほしいので、早い段階で明け渡しをしてもらうとのがこの機会良いのでしょう。



まもあん


★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、サイト「まもあん本舗」関連のブログです。
タイ情報満や海外情報満載の「にほんブログ村 海外生活ブログ」や
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ
情報源にご活用を「にほんブログ村 ニュースブログ」とリンク&ブログランキング提携しています。
★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]
by mamoang | 2008-11-27 23:35 | 社会 | Comments(0)