街角のドラックストアチェーンと銀行観察


バンコクの町並みから

海外生活ブログ タイ情報でリアルなタイ情報をチェック!】
↑クィックで、ブログランキングもあるにほんブログ村へ↑

にほんブログ村 トラコミュ タイ&アジアン・ニュースへ
タイ&アジアン・ニュース
↑「タイ&アジアンニュース」のトラコミュへ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイへ
タイ
↑「タイ」のトラコミュへ↑


 バンコク都内でよく見かけるドラックストアチェーンといえば「ブーツ」と「ワトソンズ」。
 その違いは前者は英国系、後者は香港系。
 1997年以降タイ国内で支店数を増やしている「ブーツ」は、2008年内に20店舗を増やし
160店舗以上にする目標。
 一方、1996年以降タイに進出した「ワトソンズ」は2008年内に10店舗を増やし、
150店舗以上にする計画。

 これだけ店舗があれば似たような場所にお互いがあったりしますが、先日、パッポン通りに
あった「ワトソンズ」がテナントを撤退。
 おや?何が入るのかな?と思ったら、カシコン銀行が入りました。
 カシコン銀行も最近よく新店舗を見かけます。シーロム、スリウォン通りでここ数年で
何軒できたことか。もちろんこれらの動きはバンコク銀行やサイアム・コマーシャル銀行もそう。
銀行は本当に店舗を出す。それだけ従業員も必要か、と思ったりする。
 このパッポン通りの新しい店舗は営業時間も10:00から19:00徒歩かと比べると
変則的。そういえば、カルフールなどの大型店舗の銀行の店舗も夜も営業していたりする。
 なるほどタイの銀行は顧客ニーズに合わせているのか。

 しかし、銀行で思うのは、ATMの設置条件。日本なら、ほかの人からガードするような
作りなのに、なんでぽつんとある公衆トイレのように、堂々と道に面しておかれているので
あろう。引き出した瞬間に、襲われても文句は言えない?いや、言いたい。

まもあん


 初載 めるまが「まもあんのタマダー」490号


★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、サイト「まもあん本舗」関連のブログです。
タイ情報満や海外情報満載の「にほんブログ村 海外生活ブログ」や
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ
情報源にご活用を「にほんブログ村 ニュースブログ」とリンク&ブログランキング提携しています。
★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]
by mamoang | 2008-08-05 23:37 | 社会 | Comments(0)