シーラチャ・タイガー・ズー、鳥インフルエンザのため休業

バンコクとパタヤの間にある「シーラチャ・タイガー・ズー」が昨日から閉鎖中です。

現在、タイ国内は鳥インフルエンザ感染地域があり対応していますが、鳥生肉を食べたトラ23頭が死亡したもよう。現在、安全管理のため園内の消毒作業などを行っています。報告によると、他のトラ30頭ほども症状を見せているそうです。園内には約400頭のトラが飼育されているので、被害が大きくならないことを願います。

鳥インフルエンザ感染予防としては調理すれば菌がなくなるとのことで、バンコクのスーパーマーケットなどでは検査済みの鳥精肉が販売されています。現在のところ人から人への感染も確認はされていません。(可能性が示唆されましたが証拠がありません)


シーラチャ・タイガー・ズーのサイトは こちら


まもあん
[PR]
by mamoang | 2004-10-20 14:37 | 社会 | Comments(2)
Commented by k0023685821mk at 2004-10-20 14:46
青田風です、こんにちは。
鳥インフルエンザって、何となく怖いと解っているんですが、
まだまだ理解不足のところがありますよね。
日本では最近、ニュースにならないので、
まもあんさんの最新情報は、とてもためになります。
Commented by 青田風さんへ at 2004-10-21 12:38 x
正体がつかめないものというのは恐怖感をあおりますね。
鳥インフルエンザのその1つ。人から人への感染例がまだ公表されていないだけに今後の経過を見守る必要あり。
でも現在言えることは、帰宅したら手洗い・うがいをし、鳥が多くあつまっている環境には近づかない、鳥精肉を生!で食べないと防衛すること。
落ち着きを取り戻すしかないですね。まもあん