バンコク・クーデター2日目の午前の状況


 タイ 新しい歴史絵巻

にほんブログ村 トラックバックテーマ タイ&アジアン・ニュースへ
タイ&アジアン・ニュース

にほんブログ村 トラックバックテーマ タイへ
タイ

Excite エキサイト : 国際ニュース <タイ・クーデター>平穏なバンコク 観光客が記念写真も (2006年09月20日 10時44分)


 2006年9月19日夜未明発生したタイ軍部によるクーデターそして戒厳令。
 ただし戒厳令の効果もどれほどか。
 現在陸軍司令部、アナンタサマーコム宮殿、チットラダー宮殿等を
 といった場所では戦車など武装した軍が制圧。
 一部主要道路でも統括しているようです。

 その一方、バンコク都内では普段と変わらない状況も。
 ただし銀行など多くの企業がクローズしているので人気は少なし。

 在タイ日本人大使館としては
 在タイ邦人に対し、できるだけ用がなかったら自宅などにいることを勧めています。
 日本人学校も休み。
 短期滞在者はできるだけホテルに滞在、または、携帯電話など緊急連絡の方法を考え、
 パスポートを検問にそなえ携帯し、軍やデモ隊がいるようなところには近づかない
 と自主警戒が必要。
 

 ぼく自身、早朝自宅を抜け出し、地下鉄でバンコク都内にやってきました。
 今後自宅に戻れるのか、まったくわかりません。
 なるべくネットに近い環境にいて経緯を見守ります。


 見通しとしては
 プモポン国宝陛下が軍関係者と会談し、
 米国に滞在中のタクシン暫定首相の辞職へつながるのが濃厚か。
 新政権になるまで臨時的に軍部が主導権を握る可能性高し。

 日本政府はバンコクに対して、その不透明感から
  「渡航の是非を検討してください。」に引き上げています。


 緊急のニュースなどは
 在タイ日本国大使館ウェブサイト

 をご参考ください。


 

 追記:
 午後は随分と平穏化していまう。
 各国大使への説明を終えたようで、今後再び「民主主義統治改革評議会」として
 スピーチがあるようです

 昨日からの流れは、在タイ日本大使館ウェブにて
 「タイにおける政変(民主主義統治改革評議会による統治権の掌握)」
 で紹介されています。ご一読を。


まもあん


★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ
とリンクしています。
ほか、情報源にご活用を「にほんブログ村 ニュースブログ」とリンクしています。

★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]
by mamoang | 2006-09-20 13:23 | 社会 | Comments(4)
Commented by 荒川執事 at 2006-09-20 18:02 x
よその国のことだからアレだけれども、とりあえず鉄砲の弾が1発も打たれないのはなによりです。
Commented by mamoang at 2006-09-20 18:38
荒川執事さんへ
一応無血となっていますが・・・・こればかりは見えない世界もあるかもしれませんね。でも大きな騒動になっていないのは本当に助かります。
日本人のぼくにとってタイは他国ではありますが、10年近く住み、そして、パートナーがタイ人とほぼ第2の故郷化していますので、将来の展望を願いつつ、ここしばらくは日々を過ごしたいと思います。まもあん
Commented by celestial-globe at 2006-09-21 14:45
まもあんさん お久しぶりです!
クーデターのニュースを聞きびっくりしました。
国王が新政府を容認したとか・・・ニュースで言ってましたが。
どうなんでしょうか・・・心配です。
Commented by mamoang at 2006-09-21 19:00
celestial-globeさんへ
このところ不透明です。ぼく自体まだそのような報道をタイ側で確認していません。今新聞も読めないほど、空白の1日の代償をこおむっています。
ただいえることは、国王を擁護する形で軍がことを起こしました。そしてメディア規制のなかの12時間。「普通の生活をしてください」とスピーチするまでに何があったのか、また、何かがあったとしても、語ることはできないだろうなあ・・・と感じます。タイには語ってはいけない話しというのがまれにあります。その1つではと・・・・以上個人的憶測ですが。国王陛下自体は国民の平和を願い、民主制が良いと考えているので、早く2週間がたち新政権に変わらないかと願っています。まもあん