チェンライの瞑想施設建設における反政府派ソンティ氏の立場

 タイの社会ニュース


にほんブログ村 トラックバックテーマ タイ&アジアン・ニュースへ
タイ&アジアン・ニュース

 タイ北部チェンライの森林保護区域に違法に建てられた瞑想施設。
 問題のこの土地は農業対象の土地で、不法侵入の疑惑もあり。
 そして、周囲のチーク材を違法に切っているとのこと。
 現在当局が調べていますが、
 この瞑想施設のオーナーは、先の反政府集会のリーダーの一人、
 ソンティ・リントンクン会長所有であろうとのこと。
 このソンティ氏は、
 2006年3月、タイ下院選挙前の新聞報道で不敬罪の発言があったと追求されています。
 選挙前に「休養」とのことで、タイ国外に出ていたというのも追求の1つに。
 

 なお、4月2日の下院選挙の再選挙は4月23日に予定。
 16県39区を対象に開催されます。



まもあん


★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ
とリンクしています。
ほか、情報源にご活用を「にほんブログ村 ニュースブログ」とリンクしています。

★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]
by mamoang | 2006-04-21 22:28 | 社会 | Comments(0)