タイのコンビニエンスに試練のタバコと酒類の販売規制

 2006年始めのタイの動き

にほんブログ村 トラックバックテーマ タイ企業またはタイに関連するビジネスへ
タイ企業またはタイに関連するビジネス

 まず、2005年末、
 2005年12月7日、タイ財務省物品税局は、たばこ税の増税を決定。
現行の75%から79%へ。紙巻タバコは約3-7バーツの値上げとなりました。
 
 現在、規制により、店頭でのタバコの陳列販売も禁止されているので、
 コンビニエンスなども売上が落ちているでしょう。
 そこへ、駄目押しです。

 2006年1月1日から、
 学校や寺院などの周囲やガソリンスタンドにあるコンビニエンスで酒類の販売が禁止になりました。
 これはさらにコンビニエンスの売上を落とすでしょう。


 この機会に、タイのビール業界の話し。
 
 乾季の今の時期は各ビール会社、ビアガーデンで稼ぎ時。
 Central World Plazaにてハイネケン、シンハーなどのビアガーデンが営業中。
 こちらは1月半ばまで。
 シンハービールのBoon Rawd Breweryはタイ国内に114箇所、ビアガーデンを設けているそうです。(バンコク都内には17箇所)
 いまやシンハービールを追い抜いたチャン・ビール、2006年には「チャン・ライト」を市場に投入とのこと。
 タイでもアサヒビールは販売されていますが、2005年1月から9月までの売り上げは3億バーツとのこと。年頭に年販売3.7億バーツを目標にしていたとのこで、それを十分にクリアできるようで、来年度は10億バーツの目標とのこと。
 ちなみに、タイから徹退しているカールスバーグは、ビア・チャンからLao Brewery の株を取得し、主導権を握ったようです。(たまに飲むLao Beer は意外に酔いが進みます。)

 このようなビール会社、この規制をどう思っているのか。



まもあん


★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ」
とリンクしています。
ほか、芸能好きな方向きの「にほんブログ村 芸能ブログ」とリンクしています。

★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★


 
[PR]
by mamoang | 2006-01-03 14:03 | 社会 | Comments(0)