中国の反日サイト開始とタイの場合


 中国内で反日サイトの動きが再発しているそうです。

Excite エキサイト : 国際ニュース
反日サイトが続々再開 中国、歴史問題で圧力か [(2005年06月15日 19時27分)



 このような動きに日本はただ眺めているべきか。

 ここでは歴史的なことに関することは論じませんね。
 他国を悪く言うサイト・・・ということを述べます。

 もし、タイの場合、
 たとえばタイを侮辱するような内容や仏像を侮辱するような場合、タイ国はへたをすると刑事的に処罰を与えます。
 なので、タイ国内のHな話をしているサイトを運営の方、参加の方、ご注意ください。

 さて、日本と中国。
 日本はどう動くのでしょうか。
 中国はどうするのでしょうか。
 ネットは下手をすると自由度がある手段。
 その扱い、影響は十分に注意しなくてはなりません。


まもあん


★★旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ」★★

★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ」
とリンクしています。
ほか、芸能好きな方向きの「にほんブログ村 芸能ブログ」
新作&話題作&名作情報の「にほんブログ村 映画ブログ」へ
とリンクしています。

ブログ「スタイリッシュ・サイアム」 内にて
「スマトラ島沖合地震によるタイの被害 情報発信ブログ」を発信中。
「まもあんのタイニュース」でご紹介した内容やリンクなどはこちらも合わせて
ご参考ください。
なお「まもあんのタイニュース」は「エキサイト:スマトラ沖地震支援情報 」
「ヤフー!ジャパン:2004年スマトラ沖地震 」でご紹介されています。

また、「フェーン・チャン ぼくの恋人」日本劇場公開を応援する企画を
ブログ「まもあんのバンコクライフ」で行っています。

★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]
by mamoang | 2005-06-15 22:45 | 社会 | Comments(0)