生卵 万歳! 生卵にまつわるタイ飲食業の展開




 タイ人の訪日ツアーも増えてきて、
 ますます日本食がタイの生活の中に浸透してきている兆しありますが、
 今回、注目は、「すき焼き」


b0035675_13211377.jpg




 「やよい軒」では、
 「すき焼き鍋」"Nabe Sukiyaki" 179バーツ 
 あわせて、
 「とんこつ鍋」 "Nabe Tonkotsu"209バーツ
 「坦々鍋」 "Nabe Tantan" 199バーツ
 「カレー鍋」 "Nabe Curry" 179バーツ

 こちらのすき焼きの卵は、鍋に入っているのですが、


b0035675_1320093.jpg




 一方、「吉野屋」では、
 ”Suki Nabe”として「牛すき鍋膳」"Suki Beef Nabe"
 179バーツをプロモーション。
 あわせて、
「豚すき鍋膳」"Suki Pork Nabe" 159バーツ
 「豆腐鍋膳」"Suki Tofu Nabe" 139バーツ

 いずれも、白飯に、生卵。


 (いずれも、2015.2.03時点)


 今まで、「すき焼き」が、タイの食の中に浸透していない要因の1つに、
 生卵、あり、と感じるのは、ぼくだけか。


 タイで生活を始めて、食事に関して注意しなくてはならないことの1つ、
 たとえば、屋台の衛生の具合や氷の衛生の具合、
 というように、「生またごは口してはいけない」というのがありました。
 その理由として、A型肝炎、寄生虫、アレルギーなどが上げられます。
 しかし、近年、日本から輸入された生卵でなく、
 タイで生産された生卵が、
 大手スーパーマーケットや日本人がよく集まるスーパーマーケットにて、
 広く流通するようになって来ました。
 

 これは、卵かけご飯を、必要アイテムとしていた身としてはありがたいこと。
 そして、タイでも、「すき焼き」をよりおいしく食べるきっかけとなることに。


b0035675_13245310.jpg



 「すき焼き」はやってきているなあという実感を感じたのが、
 「モーモーパラダイス」
 バンコク都内アソーク交差点そばのターミナル21の店舗で食事をしていると、
 ここはいくつかのパターンで鍋のスープの種類を決め、
 野菜類は配置されている中から取り放題、
 別途、牛肉や豚肉はスタッフが運んできてくれ、
 ドリンクはフリードリンク制を有料で選ぶことができます、
 隣の席の20代のタイ人女性3名組が、手際よい音で、卵を混ぜています。
 向かい側のあとから入ってきた8名組も、「しゃぶしゃぶ」ではなく、「すき焼き」をチョイス、
 生卵にも抵抗感みせておらず。
 日本人客や中国人客を少し見かけますが、ほとんどがタイ人客。

 
 以前より営業している「秋吉」や
 「モーモーパラダイス」の関連会社「鍋ぞう」など、すき焼き中心の日本食店も増加中。



 さて、以上をまとめていたところ
 「freecopymap Bangkok」 Feb 2015 45号
(初月はフリーで、以降250バーツで販売)を拝見すると、
 特集に
「たまご好きに告ぐ!」として、オーがニック卵の種類、「金のたまごかけごはん」の紹介があり。
 まさに、タイミングのよさ。
 生卵様、様様・・・・食卓で、感謝。





初載
メルマガ「まもあんのタマダー」 ここにあるのはタイの日常です No.842 (2015.3.04)



にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
海外生活ブログ アジア情報でリアルなタイ情報をチェック!】
↑クィックで、ブログランキングもあるにほんブログ村へ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイ&アジアン・ニュースへ
タイ&アジアン・ニュース
↑「タイ&アジアンニュース」のトラコミュへ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイへ
タイ
↑「タイ」のトラコミュへ↑

★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、サイト「まもあん本舗」関連のブログです。
タイ情報満や海外情報満載の「にほんブログ村 海外生活ブログ」や
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ
情報源にご活用を「にほんブログ村 ニュースブログ」とリンク&ブログランキング提携しています。
★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]
by mamoang | 2015-04-07 13:28 | 経済 | Comments(0)