日本産果実とワイン、タイへ届け



 最近の日本で生産された果実類やワインのタイへの輸出の情報を集めてみました。



<三重県のみかん>


2014.11.11 JA三重南紀に属す熊野、御浜、紀宝3市町が、
早生温州(うんしゅう)みかん「三重南紀みかん」約10トンを
タイと日本の植物検疫官の管理の下、名古屋港を経由して、タイへ輸出されてゆきました。
検疫対象は、外観やミカンバエやカイガラムシの付着だそうです。
タイでは、高級デパート(サイアムパラゴンやエンポリアムでしょうか)を通じて富裕層にアピールするようで、
1キロ1500円ほどの販売価格だとか。


「三重南紀みかん」は、収穫時期は、10月から1月下旬がめど。
10キロ3000円ほどとのことですので、1キロ300円が日本国内の流通時の価格。
ですので、タイで販売となると5倍、となりますでしょうか。


「温州みかん」としては、2010年からタイに輸出を始めているようで、
2013年は約14キロ輸出されたそうです。


「中晩柑」類も輸出解禁とのことで、「せとか」「不知火」もタイ側にアピール。
2015年に入り、「せとか」1.5トン「不知火」0.5トン、計2トンをタイへ本格出荷。
3月中旬にはバンコクの高級デパートなどで販売される見込み。
タイでの価格は1キロ当たり2100円以上の見込み。


参考:

JA三重南紀HP 柑橘課


参考 :

福岡県八女地域の「温州みかん」タイ輸出のためのミカンバエモニタリング調査実施の様子





<栃木県のなし>


栃木県JAしおのや 梨部会は、2014年収穫の梨「にっこり」を250kg タイへ輸出、
2015年2月 バンコク伊勢丹で開催されたJA全農フェアで販売されました。


「にっこり」は、1個が大きめ梨で、約1キロだそうです。
日本では、1個あたり500-600円ぐらいの販売価格のようです。


参考 :

JAしおのや




<長野県のワイン>


2015.2.23 長野県塩尻市農協(JA塩尻市)は、海外へのワイン輸出を計画、
東南アジア、まずはタイ向けに輸出することを発表。
3.13 バンコク都内で商談会を開催、
早ければ2015年8月内にバンコク郊外の商業施設内にアンテナショップの運営を始めるとのこと。


今回のワインの種類はコンコードとナイアガラの赤と白ワインの2種類。


参考 :

JA塩尻市





 タイの富裕層がターゲットと考えられての展開ですが、
 タイ在者としても、日本の味に触れることができる機会が増えることは、
 純粋にうれしいです。



初載
メルマガ「まもあんのタマダー」 ここにあるのはタイの日常です No.845 (2015.3.25)



にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
海外生活ブログ アジア情報でリアルなタイ情報をチェック!】
↑クィックで、ブログランキングもあるにほんブログ村へ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイ&アジアン・ニュースへ
タイ&アジアン・ニュース
↑「タイ&アジアンニュース」のトラコミュへ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイへ
タイ
↑「タイ」のトラコミュへ↑

★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、サイト「まもあん本舗」関連のブログです。
タイ情報満や海外情報満載の「にほんブログ村 海外生活ブログ」や
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ
情報源にご活用を「にほんブログ村 ニュースブログ」とリンク&ブログランキング提携しています。
★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]
by mamoang | 2015-04-03 00:38 | 経済 | Comments(0)