チュラロンコン大学周辺散策記





 バンコクで暮らし始めて、幾年もたっていますが、立ち寄るエリアというのは、
 決まってくるのが正直なところ。
 車やバイク、自転車と、気ままに移動できる乗り物があればまだしも、
 公共交通機関、タクシーまたは、徒歩という制限では、
 立ち寄る場所も固まってきます。
 今の住まいが、バンコクで暮らし始めて、6箇所目ということもあり、
 一応、住まいは分散し、
 ブログに長くかかわっている分、周りを観察するようにはしていますが、
 それでも、まだまだ個人的な穴場は多々。


 そんなエリアの1つ。
 チュラロンコン大学周辺。


 エリアで言うところの、
 マーブンクロンセンターの南西、地下鉄サムヤン駅の北西、
 ソンブーン バッタトン店の南東というところでしょうか。


 都心部の再開発ばかりが目に入りますが、
 このエリアの再開発は本当に大規模的です。
 10年前の風景とは様変わりしています。


b0035675_2322519.jpg




b0035675_2323939.jpg




b0035675_2324447.jpg



 近年、まず変わったのは、サムヤン・マーケットでしょうか。
 場所を以前の場所の北西に移動、
 1階は、生魚、生肉、雑貨の市場、
 2階は、タイ大衆飲食テナントが横並び。



b0035675_2325081.jpg



 バンコクの市場視察としては、スケール度、清潔度、アクセス度など
 チェックすべき項目がありますが、
 JJ(チャトチャ週末マーケット)そばのオットコー市場ともども、
 このサムヤン市場葉手ごろの1つかもしれません。




b0035675_23272099.jpg



b0035675_23283824.jpg




 サムヤン市場から北へ移動、
 I'm Park Chula という商業施設にたどり着きます。
 サムヤン市場の2階にも大学生はいましたが、
 より、大学生が立ち寄りそうな雰囲気。
 スターバックス、au bon painなどのカフェのほか、
 美容、教育、雑貨のテナントがG FLから3 FLに展開。
 横に風通しがよい建築構造になっています。


b0035675_2345573.jpg



 「肉丼」という微妙な名前の日本食店が営業していましたが、
 2015.2.13現在、
 「九州じゃんがら」(ラーメン)、「カレーの王様」がオープン準備でした。
 

b0035675_23464057.jpg



b0035675_2348194.jpg



 
 さらに北へ移動しますと、
 以前連なっていたタウンハウス群が大規模的に取り壊されて更地になろうとしていました。
 すでに、一度更地にされた土地は、新しく商業施設を伴った建売住宅群になるのでしょうか、
 建築が進んでおり、
 ソンブーン バッタトン店そばのタウンハウスもずいぶん前から立ち入り規制が敷かれて、
 中は空き家状態になっています。

 
 おそらく、この1,2年でさらに整理され、
 人の流れもより生まれてくるかと思いますが、
 レトロ感が徐々に失われてゆく情景にも寂しさを感じたりします。





初載
メルマガ「まもあんのタマダー」 ここにあるのはタイの日常です No.841 (2015.2.25)





にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
海外生活ブログ アジア情報でリアルなタイ情報をチェック!】
↑クィックで、ブログランキングもあるにほんブログ村へ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイ&アジアン・ニュースへ
タイ&アジアン・ニュース
↑「タイ&アジアンニュース」のトラコミュへ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイへ
タイ
↑「タイ」のトラコミュへ↑

★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、サイト「まもあん本舗」関連のブログです。
タイ情報満や海外情報満載の「にほんブログ村 海外生活ブログ」や
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ
情報源にご活用を「にほんブログ村 ニュースブログ」とリンク&ブログランキング提携しています。
★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]
by mamoang | 2015-03-12 23:51 | 経済 | Comments(0)