「DACO」402号で、「コラート」市街地の魅力を味わう



b0035675_164966.jpg




バンコク発情報エンターテインメント誌「DACO」 2015.2.05 402号の特集は、
 「週末ドライブ満喫派 コラートで遊ぶ 1 市街地編」


 「コラート」とは、一般的には、タイ東北(「イサーン」)の中の玄関口であるナコーンラチャシャーマ県のことを指します。
 タイ東北といっても、今回のバンコクからサラブリー県を経由して国道1号&2号でたどり着くルート、
 タイ北部とも気温が似ている山間のルーイ県、
 隣国と国境を持つ県、田園風景が広がるエリアとさまざまあり。
 そんな中、「コラート」は1泊2日の小旅でも足を向けることができる場所。


 ぼく自身、何度いっただろうかと思い出すと、「コラートには」4,5回は訪れているのだけども、
 「イサーン」としては、10数回を数える・・・
 どれもかなり古い記憶。
 なので、今回、紹介されているナイトバザールなど、以前からある旧市街のところしか知らない。
 ほかに2箇所もあるなんて。


 バンコクから車で出発すると、長い上り坂に差し掛かると、「コラート」まであと一歩。
 この峠の手前にあるのが、「ラムタコーン・ダム」の水域。
 海には見慣れているものも、貯水されている水域を目にするのは、 
 バンコクで長く暮らす身には新鮮か感じになる。
 峠をくだって市街地に到着するまで、およそ約250キロの道のり。
 途中からは、平坦なまっすぐな道が続く。


 次回、「コラート」に向かう日のために、本号は保存しておきたい。


 一方、P47-48の「ワンデートリップ」では、
 「コラート」特集のレポーターでもある同氏が、ペッチャブリー県まで足を伸ばした。
 日本での何度もTVで紹介されている、
 日光炙りの鶏肉店「ガイヤーン・パラン・セーン・アーテイット」を紹介。
 
 ガイヤーンというと炭火だったり、ぐるぐる回して焼いたりとするけども
 ここの方法はエコ?というのか、日射焼き。
 炭やガスは使わない自然というか、野法な調理方法。

 なお、豚の炙り焼きもあるそうです。




そして、特集は次号へ続く・・・・





にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
海外生活ブログ アジア情報でリアルなタイ情報をチェック!】
↑クィックで、ブログランキングもあるにほんブログ村へ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイ&アジアン・ニュースへ
タイ&アジアン・ニュース
↑「タイ&アジアンニュース」のトラコミュへ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイへ
タイ
↑「タイ」のトラコミュへ↑

★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、サイト「まもあん本舗」関連のブログです。
タイ情報満や海外情報満載の「にほんブログ村 海外生活ブログ」や
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ
情報源にご活用を「にほんブログ村 ニュースブログ」とリンク&ブログランキング提携しています。
★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]
by mamoang | 2015-02-21 01:10 | 生活 | Comments(0)