「暁の寺院」サンセットを楽しむ場所「Eagle Nest」

b0035675_12574029.jpg





先日、夕刻の「暁の寺院」を見てきました。
涅槃寺院にほど近い「Arun Residence」の「The Deck by River」というのが
 有名ではありますが、
 今回は、そこではなく、初めて訪れた 
「sala Arun Hotel」 の「Eagle Nest」というところでした。
 
b0035675_12585096.jpg




b0035675_125956100.jpg




b0035675_1312425.jpg




b0035675_1322325.jpg



 狭い路地に入り、小さなホテルの入り口を目指します。
 フロントの奥、川岸にもレストランがあるのですが、
 ホテルの狭い階段を上り、最後には、さらに小さな螺旋階段の先の屋上には、
 ビュー的に「暁の寺院」の真正面ともいわんばかりの
 (チャオプラヤー川は緩やかに蛇行しているので、真正面的ビューは幾書所もありますが)
 ロケーション。


b0035675_1345370.jpg




b0035675_135454.jpg



 オープンエアのテラスには20人は納まるか、
 直接陽がささないスペースにもそれぐらいの広さ。
 そのロケーションから、陽が暮れ始め、「暁の寺院」の照明がともると、
 なんともロマンチックなかんじになるのです。


b0035675_1364273.jpg



 実は、そこにいながら、隣のスペースも意識してしまいます。
 同じく、「暁の寺院」を眺めることができるスペースが存在していました。
 そちらの方がスペースが広い。


 一度階下までもどり、
 路地を少し戻って、違うアクセスで、訪れてみると、
 「Sala rattanakosin」のオープンエアの屋上スペースのようでした。


b0035675_1383030.jpg



b0035675_1394325.jpg




バンコクの喧騒を忘れて、
 静かに川の流れと、古の建造物、そこに携わっている生活観を味わうのも
 一興でございます。




初載
メルマガ「まもあんのタマダー」 ここにあるのはタイの日常です No.826 (2014.11.12)




にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
海外生活ブログ アジア情報でリアルなタイ情報をチェック!】
↑クィックで、ブログランキングもあるにほんブログ村へ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイ&アジアン・ニュースへ
タイ&アジアン・ニュース
↑「タイ&アジアンニュース」のトラコミュへ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイへ
タイ
↑「タイ」のトラコミュへ↑

★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、サイト「まもあん本舗」関連のブログです。
タイ情報満や海外情報満載の「にほんブログ村 海外生活ブログ」や
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ
情報源にご活用を「にほんブログ村 ニュースブログ」とリンク&ブログランキング提携しています。
★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]
by mamoang | 2014-12-07 13:11 | 生活 | Comments(0)