デング熱 経験者は語る・・・





 東京都内代々木公園を感染源とするデング熱の症例が
 相次いで報道されています。
 亜熱帯地域で目立った症例がある病気で、
 「蚊」を媒体としているので、
 人から人への感染はありません。
 ただし、60年も症例がなかった日本では、
 珍しい病気と、パニック傾向になります。


 タイでは、2014年1月01日から7月06日までの状況で、
 タイ保険証からの報告では、
 「デング熱」および重症型の「デング出血熱」と「デングショック症候群」
 の症例数が、11,881名とのこと。
 これでも前年同期比 80%減とのこと。
 なお死亡坊は、うち13名。


 感染率の上位で見ますと、
 1位 南部 クラビ県 人口10万人当たり 88.4名
 2位 南部 プーケット県 75.6名
 3位 北部 ナーン県 62.5名
 4位 南部 パタルン県 58.3人名
 5位 北部 メーホンソン県 54.3名
 なお、バンコク都での症例は、1,443名。(死亡例なし)


 滞在期間の後、発症、短時間で高熱と極度の筋肉痛や関節痛に至ります。
 その後、37-38度の高熱を推移、
 対処としては、点滴治療と療養が一番。
 

 ぼく自身も、2009.7.08-7.15の8日間、発症により、入院生活を送りました。
 その時の様子を、ブログ「まもあんのバンコクライフ」に記載しています。
 まずは、時系列で・・・


大ピンチ


入院


退院


頭痛が抜けない


食欲不振、続く


 
 そして、状況を振り返って・・・


デング熱って奴は・・・


2か所の病院


病院の食事事情


点滴に戸惑う


 感染理由や治療方法も明確です。
 強めのインフルエンザかな、
 熱がずーと下がらないなという自覚症状がありましたら、
 病院や診療所へ。




初載
メルマガ「まもあんのタマダー」 ここにあるのはタイの日常です No.816 (2014.9.03)





にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
海外生活ブログ アジア情報でリアルなタイ情報をチェック!】
↑クィックで、ブログランキングもあるにほんブログ村へ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイ&アジアン・ニュースへ
タイ&アジアン・ニュース
↑「タイ&アジアンニュース」のトラコミュへ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイへ
タイ
↑「タイ」のトラコミュへ↑

★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、サイト「まもあん本舗」関連のブログです。
タイ情報満や海外情報満載の「にほんブログ村 海外生活ブログ」や
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ
情報源にご活用を「にほんブログ村 ニュースブログ」とリンク&ブログランキング提携しています。
★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]
by mamoang | 2014-09-04 14:12 | 生活 | Comments(0)