「DACO」388号で、タイ地元名産品をチェック



b0035675_1852087.jpg



バンコク発情報エンターテインメント誌「DACO」 2014.7.05 388号の特集は、
「旅先で、バンコクで、この1品!味なお土産 77県77品」
 いわゆるタイの地方物産展のご紹介。
 タクシン(お父さん)政権のときに、広くタイ国内に広まった一村一品運動。
 または従来から地方で定着していた技術や品々。
 77県となっていますが、正確には、1都76県でしょうか、
 各県から1つ1つ、自慢のお土産候補の品々が掲載されています。
 タイ北部チェンマイからの「揚げた豚皮」やラムプーン県の「ドライ・ロンガン」
中北部のスコータイからの「バター・ドライ・チップス」やピサヌロークの「天日干しバナナ」
 西部のペチャブリーからの「タロイモプリン」やサムットサーコーンの「塩の花」
 西南部のラノーンの「カシューナッツ」
 南部のソンクラーの「魚のカリカリ揚げ」
 東北部のノーンカイの「豚肉ソーセージ」
 中南部のサラブリーの「カレーパフ」やアユタヤの「ローティーと綿状の綿菓子」
 東部のブリタムの「メレンゲ菓子」
 東南部のチャチュンサオの「シフォンケーキ」
 と、確かに定番的なアイテムの一方、
 バンコク都からは、「クディチーン地区の洋菓子」と、お、そうなのか?という品もあったり。
 北部チェンライの「ドーイ・チャーン」のコーヒーなど、日本の方にも定着している品もあったりとさまざま。
 東北部のシンブリー県の雷魚がはいった「雷魚ケーキ」が気になる1品だったりして。

 
 P32-33の「ワンデートリップ」は、前号に続き、チャオプラヤー川の蛇行の賜物
 サムットプラカン県プラプラデーン地区から、「バーンナムプン水上マーケット」を取り上げています。
 本号では、クロントイ船着場から渡っていますが、BTSバンナー駅やウドムスック駅から
 サンパーウット通りを通った突き当たりの船着場から、川を渡るパターンは何度も経験済みでありました。
 強調して観光の名所だよとは言い切れない、ローカルな素朴なマーケット。
 散歩的にはちょうどいい感じ。されど、土日の開催で、タイ人の多く集まるので、
 人混みの覚悟は必要です。クイッテォ1杯食べて帰りましょう。







にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
海外生活ブログ アジア情報でリアルなタイ情報をチェック!】
↑クィックで、ブログランキングもあるにほんブログ村へ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイ&アジアン・ニュースへ
タイ&アジアン・ニュース
↑「タイ&アジアンニュース」のトラコミュへ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイへ
タイ
↑「タイ」のトラコミュへ↑

★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、サイト「まもあん本舗」関連のブログです。
タイ情報満や海外情報満載の「にほんブログ村 海外生活ブログ」や
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ
情報源にご活用を「にほんブログ村 ニュースブログ」とリンク&ブログランキング提携しています。
★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]
by mamoang | 2014-07-23 18:53 | 生活 | Comments(0)