タイ国軍による掌握 10-11日目(5.31-6.01)の様子



先週前半は、反軍政デモがバンコク都内戦勝記念塔エリアで行われ、
 軍、警察側は、週後半、このエリアを午後、夕刻にかけて封鎖。


 バンコク都内に限ると、「夜間外出禁止令」短縮を経て、ずいぶんと日常生活に戻った過ごし方をしていましたが、我が家の近所であります、バンナー通りからの高速道路入り口には連夜、軍1隊がスタンバイしておりました。(トラックに座っているだけでしたが・・・・)


 今のところ、戒厳令以降、軍の姿を見たのは、
 このエリアと、バンコクからチャチュンサオ県に向かう途中のモーターウェイにて、
 一人ぽつんと座っている兵隊さん一人、ぐらいのものでした。


 注意すべきところ以外は、ほとんど日常的なのですが、
 そういう雰囲気のギャップは、微妙なものです。



 6.01は先週の週末同様に、ラチャプラソン交差点に、反軍政デモメンバー集結を予定していましたが、戦勝記念塔エリアと同様に、時間制の封鎖が決行へ。

 
 予定としては9:00以降、
 プルンジット通り、ラチャダムリ通りのほか、頭上の高架歩道スカイウォーク、
 そして、BTSの駅では、チッロム駅、プルンジット駅、ラチャダムリ駅が閉鎖へ。


 民主記念塔エリアでも8:00-11:30の午前中、封鎖対応がされていた模様。


 ただし、10:00以降、地下鉄 パホンヨーティン駅
 14:00以降 BTSアソーク駅 が軍政府側に、同様に封鎖された模様。
 規模は小さいながらも、反軍政デモの火種がつくる、消しに回っている雰囲気。
 こういう交通機関の急な封鎖などが続くとなると、
 無事に日常生活を送くれますとは、万人にはいえなくなる状態。
 ましてや、短期滞在者も集まりやすいエリアとなると、その感も強い。
 

 平日と比べると週末、特に日曜日は外出を控えたほうがいのか。
(実際、ぼくは本日は家に留まっています。Queen Sirikit Convention CentreのPet Expoに湯君のを断念して。もしも移動していたらちょうどアソーク駅の騒動と重なっていたかもしれません・・・)


 同様の騒動は、まだまだ6月上旬も続くと、警戒したほうがよいと考えたほうがいいでしょうか。




にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
海外生活ブログ アジア情報でリアルなタイ情報をチェック!】
↑クィックで、ブログランキングもあるにほんブログ村へ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイ&アジアン・ニュースへ
タイ&アジアン・ニュース
↑「タイ&アジアンニュース」のトラコミュへ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイへ
タイ
↑「タイ」のトラコミュへ↑

★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、サイト「まもあん本舗」関連のブログです。
タイ情報満や海外情報満載の「にほんブログ村 海外生活ブログ」や
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ
情報源にご活用を「にほんブログ村 ニュースブログ」とリンク&ブログランキング提携しています。
★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]
by mamoang | 2014-06-01 18:28 | 政治 | Comments(0)