タイ国軍による政権掌圧 5日目(5.26)の様子



 5.25 インラック前首相が、軍関連施設から、自宅へ「軟禁」になったりと、
 事情聴取を終えた関係者への動きが目立ってきます。


 5.26 反政府派のリーダー ステープ元副首相も、軍施設から検察当局へ搬送されたとのこと。


 そういう動きの中、
 5.26付けで、今回の中心人物 プラユット タイ陸軍司令官が、
 国王陛下から承認を得たとして、今後の治安確保を宣言しています。
 報道では、国王陛下への挨拶を、通常、面会などがあるところを、書簡ですませていると、
 過去ではないケースだそうです。



 一方、反軍のデモを警戒して、日中、BTSのスクムヴィットラインのうち、
 パヤタイ、戦勝記念塔、サナムパオの3駅が一部封鎖(14:30-15:10)されています。
 戦勝記念塔からはバンコク郊外への交通危難が集中していますので、
 エリアとして集まりやすいかもしれませんが、通勤などの利用者には影響を与えていることでしょう。
 16:50から再び、この3駅が封鎖されているという報道もあります。




 以下、在タイ日本国大使館領事部が、
 タイ国軍の政権掌圧に関する情報UPしていますので、
 以下、転記します。


 本日 5.26 も「夜間外出禁止令」の適用になるでしょう。
 (・・・そうならないという報道もありませんので、無念)
 対象は 5.26 22:00 - 5.27 5:00


 しかし、パッポン通りのナイトバザールの屋台街は組み立てられました。
 ぎりぎりまで、営業するのでしょう。
 

 BTSも地下鉄も 21:00頃をめどに営業を終えます。


 今晩は、雨の気配も高いので、ご注意です。
 

--------------------------------------------------------


 国軍による夜間外出禁止令に伴う注意喚起(その2)
 (2014年5月26日現在)


1 国家平和治安維持評議会(NPOMC)は,午後10時~朝5時ま
での間,外出禁止令をタイ国全土に発出し,現時点,同禁止令は継
続しています。
さらに,同評議会は,「出入国等の空港利用者,工場,病院,航空関
連事業等の内,外出禁止令の時間帯に勤務する者,また,陸・海・空
の各物流・輸送業者については,外出禁止令の対象外である。なお,
当局より問われる場合は,その旨を説明する必要がある。」等を発表しま
した。

2 前回,大使館からのお知らせ
(http://www.th.emb-japan.go.jp/140527.pdf )のとおり,外出禁止時
間中に空港に向かわれる方,前記関連企業の方についても,当局よりの
照会に備えてE-チケット,パスポート,業務上の必要性を証明する書
類等を提示できるようお勧めします。

3 今後も,夜間外出禁止令の強化,在留邦人の皆様の生活に影響
が及ぶ新たな規制の可能性もありますので,大使館からのお知らせ等関
連情報には十分注意をお願いします。

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館
  電話:(66-2)207-8502,696-3002
  FAX :(66-2)207-8511




にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
海外生活ブログ アジア情報でリアルなタイ情報をチェック!】
↑クィックで、ブログランキングもあるにほんブログ村へ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイ&アジアン・ニュースへ
タイ&アジアン・ニュース
↑「タイ&アジアンニュース」のトラコミュへ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイへ
タイ
↑「タイ」のトラコミュへ↑

★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、サイト「まもあん本舗」関連のブログです。
タイ情報満や海外情報満載の「にほんブログ村 海外生活ブログ」や
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ
情報源にご活用を「にほんブログ村 ニュースブログ」とリンク&ブログランキング提携しています。
★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]
by mamoang | 2014-05-26 19:32 | 政治 | Comments(0)