「被災からの克服」イギリスからの観光客戻る 【津波・タイ】


英国のArts Minister Estelle Morris がタイ南部を訪問。プーケットの外国人遺体身元確定の現場DVIの視察などを行っています。Estelleさんいわく、英国の人たちは被害の様子分かっていますので、観光客として地域に貢献できることを節に願っています・・・とのこと。ヨーロッパではタイでの被災数が多かった北欧からもチャーター機がキャンセルすることなしに
飛んでいたり、今月から観光需要が戻りつつあります。
 
 確かにプーケットに行って話を聞いてみると、最近のプーケットは英国からの観光客を多く受けていました。北欧からのチャーター便も戻ってきていますし、ヨーロッパ系の観光客の姿ばかりがみれ、かえって新鮮なリゾート感覚を覚えました。


まもあん


★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
ブログ「スタイリッシュ・サイアム」 内にて
「スマトラ島沖合地震によるタイの被害 情報発信ブログ」を発信中。
「まもあんのタイニュース」でご紹介した内容やリンクなどはこちらも合わせて
ご参考ください。
なお「まもあんのタイニュース」は「エキサイト:スマトラ沖地震支援情報 」
「ヤフー!ジャパン:2004年スマトラ沖地震 」でご紹介されています。
★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]