2013年前半デング熱状況



タイ保険省の報告による
「デング出血熱、デングショック症候群の感染状況」によると
2013年1月01日から2月05日までの間
患者数はタイ国内で5739名。うち4名が死亡。


地域別では、ソンクラー県、ラヨン県、サムットサコン県が感染上位。
前年同期5・4倍と、例年に比べ多い傾向。


また、バンコク都の報告によると、
2013年1月01日から3月16日までで
患者数は2464名。うち1名が死亡。
2012年の同期と比べ約3倍とのこと。


媒体となるのは一部の蚊。


今後は、雨が降る機会が多くなり、気温が暑くなります。
雨が降った後の水たまりがデング熱の媒体の蚊の発生ポイントとなりますが、
気温が高いため、水たまりも短期間で消える傾向なので、
大々的に広がることはないでしょうか。

ただし、古タイヤや途中で止まった工事現場での残り水にて
蚊が育つことあります。







にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
海外生活ブログ アジア情報でリアルなタイ情報をチェック!】
↑クィックで、ブログランキングもあるにほんブログ村へ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイ&アジアン・ニュースへ
タイ&アジアン・ニュース
↑「タイ&アジアンニュース」のトラコミュへ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイへ
タイ
↑「タイ」のトラコミュへ↑

★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、サイト「まもあん本舗」関連のブログです。
タイ情報満や海外情報満載の「にほんブログ村 海外生活ブログ」や
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ
情報源にご活用を「にほんブログ村 ニュースブログ」とリンク&ブログランキング提携しています。
★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]
by mamoang | 2013-04-13 01:01 | 生活 | Comments(0)