バンコク地下鉄 2月1日再開


 2005年1月17日の駅構内事故以来、営業を停止していたバンコク地下鉄ですが、予定、2005年2月1日、営業再開します。

 先日、1月28日では Lat Phrao駅にてレスキュー隊の消化訓練が行われていました。これには警察、消防、レスキュー総勢500名が参加の大掛かりなもの。

 今朝の段階で、地下鉄駅に潜る入り口の「営業停止」の看板は順次はずされていました。

 今回の事故は機械面はまったく問題なしで人為的エラーと強く発表しています。
 その結果、使い慣れ始めた地下鉄が急に使えなくなり、地面の上は大渋滞。
 でも、皮肉な話、2月6日の選挙のために道路わきに置かれている選挙看板がやたら目に入る期間となりました。地下に潜っていたら、看板、気になりませんものね。

 また、事故のあった「タイ文化センター」駅そばにはタクシン首相の息子さんプロデユースで移動遊園地をオープンされていましたが、1月上旬で契約を終えていました。これも好都合でした。もし営業中に事故があったら、お客さんの足は止まっています。

 いずれにしましても、同じような事故が起きたら、信用を失います。
 そして、明日の朝、どれぐらいの利用者がいるか。


 まもあん
[PR]
by mamoang | 2005-01-31 20:12 | 社会 | Comments(0)