タイ水害 大雨の後のその後 (2011.10.15現在)

 タイ 情報メモ



 (個人の行動範囲内の見解にて)


 2011.10.14 夕刻から降り出した雨は、午後の日差しのよさとギャップあり。
 強い雨として降り続ける。
 20時ころには、我が家のあたりは降りやむ。


 都心から地下鉄移動、全く支障なし。
 駅から自宅へ移動は強い風にも伴い、壊れかけの折りたたみ傘が壊れる。
 帰宅時、後庭スペースは冠水、排水が追い付かず、徐々に台所に水が入る。
 


 ただし我が家の場合降るい家屋なので、一部雨漏りもあり、また、外から台所エリアに水が入ることは雨季の間に数度ある。
 前庭にも排水できず、たまった雨が徐々に水たまりを大きくする。これも、雨よけのサッシがもう少し道路に近ければ、家の敷地に水が入ってこないかもしれない。



 20時ころ、日本の家族から電話あり。
 そのころ雨はやみ始めはじめるが、排水管から反対に水がわいてきている印象。
 気圧の関係かもしれない、と1か所を捨て着で詰めて様子を見る。
 それでも数か所の排水管から水が出てきているようで、玄関口1メートル近くまで水は迫るが定着。
 近所の家も道路より低い場所に敷地がある場合、同様のことが起きていた。


 何度か同様のケースを雨季の間体験しているが大抵は、翌日の昼には水が引いている。
 今回は、深夜のうちの水は引き終えていた。



b0035675_1223212.jpg
 


 翌朝の様子、水はない。




 日本の報道の場合、海外の災害情報は加熱するケース、現地にいるものとしては日ごろ感じる。
 インド洋地震と津波のタイ南部の報道に関してもそうであった。
 所変われば、その土地の事情がある。それを知らずに、自分たちの目安で時に報道してしまうことがあるが
 それは実際のその土地の現場と差があることある。
 今回数時間の雨でバンコク都内水浸しになったが、これは雨季に何度かあり、
 普段ならば日本では報道されないであろう。
 ただし、実際にバンコク都の機能を守るべく周辺エリアは水害を受けている。
 バンコクの平穏はそのたまもの。
 

 本日明日(10.15 10.16)と要注意の日が続くが、
 現時点 10.15 10時ころ、我が家にいる限る晴天の下、洪水なし。


 電話ではシーロム方面もいつも通りの様子。
 ただし、排水がうまく機能していない狭いソイ(小路)など水がたまっているケースも都内ではあるかもしれない。10.07から10.08にかけて降った雨の後はそうでした。
 


 

---------------------------------------------------

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
海外生活ブログ アジア情報でリアルなタイ情報をチェック!】
↑クィックで、ブログランキングもあるにほんブログ村へ↑

にほんブログ村 トラコミュ タイ&アジアン・ニュースへ
タイ&アジアン・ニュース
↑「タイ&アジアンニュース」のトラコミュへ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイへ
タイ
↑「タイ」のトラコミュへ↑


★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、サイト「まもあん本舗」関連のブログです。
タイ情報満や海外情報満載の「にほんブログ村 海外生活ブログ」や
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ
情報源にご活用を「にほんブログ村 ニュースブログ」とリンク&ブログランキング提携しています。
★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]
by mamoang | 2011-10-15 12:32 | 集中豪雨・水害情報 | Comments(0)