行方不明者の情報はこちらで! 【スマトラ島沖地震タイ関連】

 「死亡数」や「けが数」が報道される中、気になるのは「行方不明者数」です。

 The Phuket Gazeeetteからの情報によると、
 昨日2004年12月29日現在、死亡者1536名、けが数8953名の時、行方不明者数は4073名だったそうです。
 その内訳は下記の通り。行方不明者は「報告によると・・・」です。

【Phuket】 死亡233名  けが人1,268名 行方不明1,580名
(死亡内訳  Kathu District 185名、Thalang 30名。Muang 18名)
【Phang Nga】死亡 952名 けが人5,541名 行方不明1,377名
【Krabi】死亡 198名 けが人1,881名 行方不明1,018名
【Ranong】 死亡 142名  けが人 182名 行方不明 97名
【Trang】 死亡 5名  けが人 66名 行方不明 0名
【Satun】 死亡6 名 けが人15 名 行方不明1 名

 こちらは現地の方や家族や友人とはぐれたり、ホテルに戻ってこなかったりの方々が対象でしょうか。でも個人でその日についた人とかはどうなのでしょうか。 カウントに入るのは遅いでしょうね。もしかするとカウントに入らないかもしれません。


 さて、この「The Phuket Gazeeette」に注目してください。
 The Nation系のプーケット中心の新聞ですが、現在情報源の大切なポジションとなっています。ぜひ、皆さんもこちらをチェックしてください。英語です。

 そして、タイ南部へ旅行に行ったらしい、そして行方がわからないと心当たりがある方は、

「The Phuket Gazette Online」

 こちらをチェック。現在、行方不明者リストの呼びかけをしています。
 こちらに登録をする(顔の画像があればよし)と、

「Missing Persons Message」

 のようにリストが掲載されます。これはThe Phuket GazeeetteからのTOPからも入れます。

 現在、日本人系として、カオラックで行方不明のNakajima-Torelli,Keikoさんが掲載されています。

 まだこのサイトを知らない方がいると思いますので、広く呼びかけたいです。
 ただし、いたずらは絶対に止めてください。
 誰しも、このリストを見ると・・・痛感な胸の痛みを感じるはず。
 真剣に取り組みましょう。

 まもあん
[PR]