微笑はどこへ?テナント泥棒発生 ~小売業救済戦略展開中のバンコク~

タイ 情報メモ

---------------------------------------------------

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
海外生活ブログ アジア情報でリアルなタイ情報をチェック!】
↑クィックで、ブログランキングもあるにほんブログ村へ↑

にほんブログ村 トラコミュ タイ&アジアン・ニュースへ
タイ&アジアン・ニュース
↑「タイ&アジアンニュース」のトラコミュへ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイへ
タイ
↑「タイ」のトラコミュへ↑

-------------------------------------------------------





UDD騒動後、行政主導で、小売業奨励の政策が取られていますが、
こういうきっかけは必要思いますが、別の形で方法はないのだろうかと考えてしまう最近です。


2010.6.12 シーロム通りを歩行者天国化して行われた「Together We Can Grand Sale 」ではありますが、事前登録をせずに割り込んで営業をしていた500テナントが、正規に登録指定していた業者と衝突。
このエリアでは当初2000テナントが収納できるようにテント設営など6.11の夜からされていた。(6.11の昼の段階では一部の歩道にテントが設営されていた)


タイ政府観光庁(TAT)による大規模リカバリー・イベントでの、
Blossom Shopping Paradise in Thailand, Smile @ Rajaprasong は
2010.7.02-7.04 の開催へ。
TAT総裁からのコメントとしては、このイベントで50万人の観光客を含む訪問者をめどとしているようですが、
はたして、バンコクの買い物イベントにどれだけの国外観光客が集まるか。UDD騒動が起きる以前も、
経済的に勢いがあるといわれる中国人マーケット以外に、他のどの外国人マーケットが買ってゆくのか。
タイ国内の消費をタイ国内で補っている印象が、シーロム通りなどの小売業救済戦略でも共通するところ。
魅力ある観光立国タイ、観光都市バンコクの輝きは見当たらず。


Siam Center の前では、
2010.6.18-6.30の間、"Siam,Land of Smile"という写真展イベントを開催。
バンコク都民に笑顔を取り戻してほしいという企画。。
イベントにおける収益は、バンコク都の基金 Together We Can fund にゆだねられる。


また、同じくTogether We Can fund へのチャリティー基金への
収益を目的にClub 21(Thailand) coは、"Stay Beautiful BKK""Play Beautiful BKK"Tシャツを製作。
1着300バーツで販売される。



 タイは「微笑の国」とだれしもが言いますが、
 その概念にとらわれすぎではと、思うこのごろ。
 微笑あるものが、武器を持って、建物に火をつけるものか。
 普段の生活のペースに戻ったのは事実なのですが、
 何かが違うという違和感、いかに?
 こういう違和感、短期滞在で訪れる方は芽生えないかもしれません。


以下、データー。
4.10-5.20におけるUDD騒動での死傷者は90名、負傷者は1,885名とのこと。
4.10 26名
4.22 1名
4.28 1名
5.07 1名
5.08 1名
5.13 2名 (UDD リーダーMaj-General Khattiya Sawasdipol を含む)
5.14-5.20 58名




まもあん


★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、サイト「まもあん本舗」関連のブログです。
タイ情報満や海外情報満載の「にほんブログ村 海外生活ブログ」や
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ
情報源にご活用を「にほんブログ村 ニュースブログ」とリンク&ブログランキング提携しています。
★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]
by mamoang | 2010-06-14 15:52 | 経済 | Comments(0)