私たちは火を恐れた・・・・・ <5.24-5.25のバンコクの状況>

 タイ治安 情報メモ

---------------------------------------------------

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
海外生活ブログ アジア情報でリアルなタイ情報をチェック!】
↑クィックで、ブログランキングもあるにほんブログ村へ↑

にほんブログ村 トラコミュ タイ&アジアン・ニュースへ
タイ&アジアン・ニュース
↑「タイ&アジアンニュース」のトラコミュへ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイへ
タイ
↑「タイ」のトラコミュへ↑

-------------------------------------------------------




5.24 The Centre for the Resolution of Emergency Situation (CRES) は、バンコク都と23県に対して夜間外出禁止令 curfew を継続していく方針を発表。対象は、5.25-5.31 0:00-4:00。
5.24 夜、パッポン通りを覗いてみると、露天の組み立てはされておらず、がらんとした通りに。幾箇所か、設営しているのみ。
5.25  閣議により5.25-5.28 0:00-4:00 と正式に決まったようです。


5.24 警察の発表では5.23 日曜日の夜のみで36名が夜間外出で検挙。夜間外出禁止令発令後は、全体で511名が検挙されているという。対象者は2ヶ月の執行猶予suspended jail term および2000バーツの罰金となる。


BTSスカイトレインは5.25-5.28は6:00-22:00 の営業体制。ラチャダムリ駅はクローズ状態、5.26から再開予定。
地下鉄も 5.25-5.28は 6:00-22:00 の営業でゥ夜間外出禁止に備える。



5.24 バンコク都庁からのコメントでは、大きな火災を受けた戦勝記念塔エリアのCenter One shopping mall、 ラチャプラソン交差点のCentralWorld shopping mall(おそらく南側のことか・・・) 、サイアムスクエアの Siam Theatreに関しては取り壊すことも検討に入れている様子。

今回の騒動におけるタイ経済への影響は 150 billion Baht に及ぶといわれています。「危険な国」というイメージは観光産業が柱のタイにとっては痛手。現在は一般にローシーズンといわれていますが、これが欧米の観光シーズンから外れるということで、近郊アジアやオセアニア地区にとってはタイへ観光客を招く時期であります。それらへのダメージも大きいです。またタイ人の国内旅行への影響もあり。唯一、タイ人の国外旅行に関しては、まだ明るい光があるか。しかし、大型連休も間近にないので、こちらも需要は少ないところ。


5.23 Centara Grand at Central World の発表では火災による埃や煙をクリーンにするまでに時間がかかるため、ホテル営業再開は6.01からの見通しとのこと。




b0035675_13124458.jpg



「私たちは火を恐れた。私たちは銃声を聞いた。私たちはここにいては、もう長く生きられないだろうと感じた」(サイアム・スクエアの住民 談):写真はSiam Square 内 20100523-siamsquare2



b0035675_13135897.jpg


Wat Pathumwanaram
別名 Wat Sra Pathum。Sra Pathum Pa;ace のそばに、ラマ4世の時代 1857年に建てられた。
153年の歴史。
写真はWat Pathumwanaram 清掃前 20100523-watpatumwanaram


b0035675_13144072.jpg


エラワンの神様は無事 20100523-erawan


b0035675_13154226.jpg


ルンピニ公園そばに放置された赤服車 20100523-lumpinipark2


在タイ日本国大使館からのお知らせを添えます。

===========================

バンコク都及び23県に対する夜間外出禁止令の延長
(2010年5月25日現在)

1.タイ政府は、25日(火)閣議の場において、夜間外出禁止令の対象期間を以下のとおり、28日(金)深夜まで延長することを決定しました(但し、パタヤ特別市の管轄区域は除外されています)。
つきましては、夜間外出禁止令が出ている時間帯の外出は厳に控え、止むを得ない理由でどうしても外出される際は、必ず旅券等身分を証明するものを携行し、軍及び警察等に提示を求められた際は、速やかに見せられるようにして下さい。
【対象期間】
25日(火)24時から、26日(水)午前4時
26日(水)24時から、27日(木)午前4時
27日(木)24時から、28日(金)午前4時
28日(金)24時から、29日(土)午前4時

【夜間外出禁止令対象都県】
バンコク都全域、ノンタブリー県全域、サムットプラカーン県全域、
パトゥムタニー県全域、ナコンパトム県全域、アユタヤ県全域、
チョンブリー県(パタヤ特別市を除く)、チェンマイ県全域、チェンライ県全域、
ランパーン県全域、ナコンサワン県全域、ナーン県全域、コンケン県全域、
ウドンタニ県全域、チャイヤプーム県全域、ナコンラチャシーマー県全域、
シーサケート県全域、ウボンラチャタニ県全域、マハーサラカム県全域、
ロイエット県全域、ノンブアラムプー県全域、サコンナコン県全域、
ムクダハーン県全域、ガラシン県全域

2.タイ政府は、不法集会が集結し、治安当局による当該地域の安全確認が終了したとして、24日(水)午前4時をもってラチャプラソン交差点付近の封鎖地域の交通規制を解除するとの発表をしました。従いまして、未だ各所のチェック・ポイントは残されておりますが、バンコク都内すべての道路の通行が可能となりましたので,お知らせ致します。

3.バンコク都及び23県に対する非常事態宣言は未だ解除されておりませんので、同都県に滞在している在留邦人、邦人旅行者については、報道等から情報の入手に努め、不測の事態に巻き込まれないよう、注意して下さい。


(問い合わせ先)

○在タイ日本国大使館領事部
電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人保護)
FAX :(66-2)207-8511




★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、サイト「まもあん本舗」関連のブログです。
タイ情報満や海外情報満載の「にほんブログ村 海外生活ブログ」や
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ
情報源にご活用を「にほんブログ村 ニュースブログ」とリンク&ブログランキング提携しています。
★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]
by mamoang | 2010-05-26 13:16 | 政治 | Comments(0)