封鎖作戦へ 緊迫高まる  バンコク (5.13の状況)

 タイ治安 情報メモ

---------------------------------------------------

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
海外生活ブログ アジア情報でリアルなタイ情報をチェック!】
↑クィックで、ブログランキングもあるにほんブログ村へ↑

にほんブログ村 トラコミュ タイ&アジアン・ニュースへ
タイ&アジアン・ニュース
↑「タイ&アジアンニュース」のトラコミュへ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイへ
タイ
↑「タイ」のトラコミュへ↑

-------------------------------------------------------




5/13 18:00から行われる ラーチャプラソン交差点エリアを占拠し集会しているUDD 反独裁民主主義同盟の封じ込め作戦「Operation Ratchaprasong」の影響で、 地下鉄のシーロム駅とルンピニ駅の2駅も18:00から閉鎖になることが発表となりました。
ほかの地下鉄の駅は通常通りで、夜まで運行されます。
シーロム駅ご利用の方は、西へ移動のサムヤン駅、ルンピニ駅をご利用の方は東に移動のクロントーィ駅をご利用ください。ただし、その際、ラマ4世通り近辺の移動、注意が必要か。


在タイ日本国大使館からのお知らせもご参考ください。
まもあん


===========================
反独裁民主戦線(UDD)等によるデモ集会・行進実施に関する注意喚起
(2010年5月13日14:00現在)

1.13日(木)、タイ政府は、UDDがデモを終了させないことを理由に、11月に選挙を実施するとの提案を撤回し、UDDが抗議活動を行っているラチャプラソン交差点付近を本13日午後6時より封鎖する旨発表しました。

2.各種情報を総合すれば、本日午後6時以降、パヤタイ通り、ペブリ通り、ワイヤレス通り、ラマ4世通りで囲まれた地域(在日本国大使館ホームページ掲載の地図を御参照ください)について、水等のインフラを停止し、治安部隊を動員して人と車の出入りを遮断し、BTS等公共交通機関の駅を閉鎖する(BTSプルンチット、チットロム、サイアム、ラチャダムリ、地下鉄シーロム、ルンピニ)、という措置とみられます。また、域内の事業所については14日(金)の休業を要請しています。但し、具体的な措置の内容については、タイ側においても未だ検討中の模様であり、明らかになっておりません。新たな情報が入手できれば、再度お知らせいたします。

3.このように、UDD占拠地域を中心に緊張が高まっていますので、上記封鎖予定の地域にはできるだけ近づかないようにしてください。また、周辺では交通の混乱等も予想されますので、迂回措置をとるなど注意してください。これら地域に滞在する在留邦人、邦人旅行者については、不測の事態に備え、厳に不要不急の外出は控えて下さい。

4.なお、4月23日バンコク都に対して外務省の危険情報を「渡航の是非を検討してください」に引き上げられましたので、詳細につきましては外務省ホームページ(http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4.asp?id=007#header)をご確認ください。

【ご参考】
【日本語メディア】
インターネット
・バンコク週報  http://www.bangkokshuho.com/
・ダコ・ニュースクリップ  http://www.newsclip.be/
ラジオ
・Jチャンネル24: FM93.75(インターネット:https://www.j-channel.jp/)

【英語メディア】
インターネット
・バンコクポスト紙  http://www.bangkokpost.com/
・ネーション紙  http://www.nationmultimedia.com/home/
・MCOT  http://www.mcot.net/EnglishNews
ラジオ
・Wave FM88 FM88
・95.5VirginHitz FM95.5

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
   電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)
   FAX :(66-2)207-8511




★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、サイト「まもあん本舗」関連のブログです。
タイ情報満や海外情報満載の「にほんブログ村 海外生活ブログ」や
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ
情報源にご活用を「にほんブログ村 ニュースブログ」とリンク&ブログランキング提携しています。
★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]
by mamoang | 2010-05-13 18:11 | 政治 | Comments(0)