張り詰めた交渉 駆け引きは、何を招くか? バンコク(5.04の状況)

 タイ治安 情報メモ

---------------------------------------------------

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
海外生活ブログ アジア情報でリアルなタイ情報をチェック!】
↑クィックで、ブログランキングもあるにほんブログ村へ↑

にほんブログ村 トラコミュ タイ&アジアン・ニュースへ
タイ&アジアン・ニュース
↑「タイ&アジアンニュース」のトラコミュへ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイへ
タイ
↑「タイ」のトラコミュへ↑

-------------------------------------------------------

張り詰めた交渉 駆け引きは、何を招くか? バンコク(5.04の状況)




 5.03 アピシット首相が提示した条件に対し、大筋同意したUDD。
 しかし、完全なる和解には、至らず。
 首相が提示した、再選挙の日時よりも、気になるは、現政権の解散時期。
 そして、自分たちが行ってきたこと、平和的なデモ活動を認めるべきであろう見解、
 単に政府側に対してイエスと従うのではなく、自分たちも正しいと
 あるところ譲らず。
 

 UDDが集会を解除する機会、今逃す。

 
 今後、政府側がUDDの問いかけに、納得できる回答を用意するか、
 それとも、歩み寄りに1線置いているUDDへの対応を厳しくするか。


 ピーンと糸が張り詰めた状態か。


 駆け引きにでたUDD。
 それに政府側はどう対応するか?
 




 在タイ日本国大使館からのお知らせが届きましたので、以下、転記します。まもあん


===========================
反独裁民主戦線(UDD)等によるデモ集会・行進実施に関する注意喚起
(2010年5月4日18:00現在)


(注)本日は、UDDデモに関し、政府及びデモ隊共に大きな衝突等の事件はありませんが、引き続き、報道等から最新情報を入手の上、不測の事態に巻き込まれないよう注意して下さい。

1.5月3日(月)、アピシット首相が一斉放送を通じて国民和解に向けた5項目提案(注)と「11月14日の総選挙実施」を公表しました。これを受けてUDD幹部は、4日夕方、アピシット首相の提案を容認する姿勢を示していますが、更なる条件(具体的な国会解散日を決める等)を求める声明を発表していますので、依然として緊張状態が続いていることに変わりはありません。
(注)(1) 王室を政治対立に引き込まない
   (2) 社会・経済システムの不公正を福祉制度によって是正する
   (3) 対立を煽る報道を監督する
   (4) 3つの衝突事件の事実究明のために独立調査委員会を設置する
   (5) 近年の政治をめぐる不公正の問題に取り組む

2.ついては、UDDが集会により占拠している地域(ラチャプラソン交差点~サラデーン交差点を中心とする地域(地図は在タイ日本国大使館ホームページを参照して下さい)及びバリケード付近にはできるだけ近づかないようにして下さい。これら地域の近くに滞在する在留邦人、邦人旅行者については、不測の事態に備え、厳に不要不急の外出は控えて下さい。また、各種集会が行われている地域には近づかないようにして下さい。

3.シーロム地区では、4日12時頃、マルチカラーによる小規模(150人程度)集会が行われました。BTSサラデーン駅、デュシタニホテル付近及びシー・アユタヤ銀行付近では、警察及び軍も警備を引き続き強化しておりますので、同地域周辺にも近づかないようにして下さい。

4.なお、23日バンコク都に対して外務省の危険情報を「渡航の是非を検討してください」に引き上げられましたので、詳細につきましては外務省ホームページ(http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4.asp?id=007#header)をご確認下さい。


5.5月5日(水)、BTSは全線で運行予定ですが、運行時間を午前6時から午後8時に限定する予定です。
また、地下鉄(MRT)は基本的に通常運行予定ですが、午後7時以降は、シーロム駅を閉鎖させる予定です。
なお、BTS、地下鉄(MRT)の運行状況は、情勢により運行時間等が変更されますので、詳細については直接、ウエブサイト(BTS:http://www.bts.co.th/ 、  地下鉄(MRT):http://www.bangkokmetro.co.th/ )をご覧いただくか、問い合わせにより確認してください。

【ご参考】
【日本語メディア】
インターネット
・バンコク週報  http://www.bangkokshuho.com/
・ダコ・ニュースクリップ  http://www.newsclip.be/
ラジオ
・Jチャンネル24: FM93.75(インターネット:https://www.j-channel.jp/)

【英語メディア】
インターネット
・バンコクポスト紙  http://www.bangkokpost.com/
・ネーション紙  http://www.nationmultimedia.com/home/
・MCOT  http://www.mcot.net/EnglishNews
ラジオ
・Wave FM88 FM88
・95.5VirginHitz FM95.5

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
   電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)
   FAX :(66-2)207-8511





★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、サイト「まもあん本舗」関連のブログです。
タイ情報満や海外情報満載の「にほんブログ村 海外生活ブログ」や
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ
情報源にご活用を「にほんブログ村 ニュースブログ」とリンク&ブログランキング提携しています。
★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]
by mamoang | 2010-05-05 17:42 | 政治 | Comments(0)