さらに暗黒へ チュラ大学騒動が波乱を招く バンコク(4.29-4.30の状況)

タイ治安 情報メモ

---------------------------------------------------

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
海外生活ブログ アジア情報でリアルなタイ情報をチェック!】
↑クィックで、ブログランキングもあるにほんブログ村へ↑

にほんブログ村 トラコミュ タイ&アジアン・ニュースへ
タイ&アジアン・ニュース
↑「タイ&アジアンニュース」のトラコミュへ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイへ
タイ
↑「タイ」のトラコミュへ↑

-------------------------------------------------------





4.29 チュラロンコン大学病院へのUDD への立ち入り調査は大きな余波を残す。
 病院側は、一部の入院患者の他病院への搬送を開始。
 非難が集まるなか、UDD 側は謝罪の意向。
 そして、4.30 UDD 側は、バリケードをチュラロンコン大学病院に配慮して、ずらし始める。
 他の病院へ搬送をされる状況をTVで拝見しました。
 その中にはカーゴに入った新生児の姿も。
 そして、移せない入院患者もいるでしょう。
 想像してみてください。大切な人が入院の病院、それを移動することを。
 わずかな移動も、病弱な体に悪い影響をあたえるのではないか。
 違う病院の治療は大丈夫か。
 非情なことです。UDDに対しての非難が集まるのは、決してTVの誘導だけではないでしょう。
 
 
 一方、タイ東北部のコーン・ケンでは、4.29 に、反UDD活動として活動を行ったPAD 側を意識して、空港終焉の道路を封鎖、PAD のメンバー探しに躍起になる。

 この部分、推測にて。
 今回の占拠騒動、まずバンハー橋の拠点から始まり、第2派としてタイ東北部から現地のリーダーらがサポーターを引き連れてバンコク入りしてから、占拠エリアの拡大、そして、商業中心地への1本化。その間、多くの血が流れる惨劇に展開。
 リーダーがとにかくたくさんいる。そして、それぞれが連れてきたメンバーがいる。
 UDD 側の動向で目に余るは「言っていることはやない、その逆はある」
 UDD内のリーダー間に不一致があることは明確か。
 今回のチュラロンコン大学病院への立ち入り調査現場にいたリーダー パーヤップではない、別のリーダーが謝罪する展開。そのリーダーは医師であります。問題が病院だから、あなた対応しなさいと言われたか。
 UDD の指示に統一性が乏しい。
 4.28 のドンムアンの衝突でも、戻れという指示に戻らず抗戦を続ける武装サポーター。自分の直属のリーダー以外には耳を傾けないか.。
 統一性がないのは、おのおののリーダーとされる人たちがそれぞれ活動を展開し、それに加わなかった者たちが弁明をくりかえしているのか。
 真のリーダーなき状態。
 大義名分では、タクシン元首相支援か。
 されど、タクシン元首相は、健康面か、死者が出る惨事を招いたためか、裏舞台へ。
 そこへ、今度は、Chavait 元首相がしゃしゃりでてきた。
 ふう・・・


 当初のUDDのリーダーの思惑とはべつか、
 今では、シーロム爆破で亡くなった一般市民、どうも高性能ライフルで頭に銃弾を受けたドンムアンの惨劇でなくなった兵士、やむおえなく他の病院へ搬送される入院患者とその家族たち、ほかほか、
通常の通勤など活用としていた交通機関が使えなくなった市民、占拠により職を失った市民、そして、記者の命が奪われたタイ人以外の国籍の者。
 もし、現政権が退却したとして、だれが、今のUDDの考えを応援する?
 事態を目の当たりにしているバンコクおよび近郊のものは、どう考える。


 これからは今のバンコクに出向いているリーダーと呼ばれている者の活動に、なにをやっているんだと、
思っている地方のリーダーらが奮起し始めそうです。
 この状況ですと、タイはさらあに暗黒な時代と向いそうです。
 単に、バンコクの占拠地区の強制排除では簡単に解決しません。
 どういう風に、向ってゆくのか。
 

 バリケードを移動する様子をTVで拝見したが、
 カメラマンなど外国人記者がUDD 側から撮影をしている。
 そうなると、周辺の軍・警察は、その機会に一斉排除の行動に移せず。
 現在、バンコク都は非常事態宣言の中。
 現場の報道関係者に対する規制を厳しくするときがくるのか。
 その時が、強制排除か。




まもあん


★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、サイト「まもあん本舗」関連のブログです。
タイ情報満や海外情報満載の「にほんブログ村 海外生活ブログ」や
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ
情報源にご活用を「にほんブログ村 ニュースブログ」とリンク&ブログランキング提携しています。
★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]
by mamoang | 2010-05-01 01:54 | 政治 | Comments(0)