シーロム爆発 市民生活に深い傷跡 バンコク (4.22-4.23の情勢)

 タイ治安 情報メモ

---------------------------------------------------

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
海外生活ブログ アジア情報でリアルなタイ情報をチェック!】
↑クィックで、ブログランキングもあるにほんブログ村へ↑

にほんブログ村 トラコミュ タイ&アジアン・ニュースへ
タイ&アジアン・ニュース
↑「タイ&アジアンニュース」のトラコミュへ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイへ
タイ
↑「タイ」のトラコミュへ↑

-------------------------------------------------------




 まことに残念な事態となってしまいました。
 昨日更新した記述にて、
「このように軍・警察以外に市民団体が動くことにより、より混乱した事態を招くと思うのですが。」
 ということが現実となりました。


b0035675_1384990.jpg

(2010.4.23 The Nation )

 4.22 木曜日のシーロム通りのルンピニ公園寄りのエリア、近郊の会社帰りの人々、帰宅前に食事をっとっていた人々、
地下鉄やスカイとレインに乗り継ぎしようとした人々、観光のために散策をしていた人々、今宵も反赤服の活動をしようと集まってきた人々、
 それらの中で5つの爆発騒動がおきました。


 M-79ランチャーによるものだろうとのこと。
 まず、第1波は20:00 スカイトレイン サラデン駅に3発、そして、Thai PBSの報道では、21:30に、おそらく軍も待機していたでしょうか、スカイトレイン サラデン駅と地下鉄 シーロム駅を結ぶ高架道路 スカイウォークに 21:45 シーロム通り沿い、The Dusit Thani Hotel への注射所入り口に近いところでしょうか、アユタヤ銀行のテナント付近に当たったようです。


 副首相からの発表では、ルンピニ公園南口側から発射された可能性が高い、M-79ランチャーは約400メートルの範囲に着弾とのこと、ルンピニ公園南口からその距離は危険である、死亡3名、負傷者は75名に及ぶとのこと。死亡1名の身元は26歳のタイ人女性。負傷者は、Bangkok Christian, BNH, Chulalongkorn, Lerdsin Hospital へ搬送され治療を受けた模様。
 
 強化警備している軍・警察らに、市民は周辺は危険だからと非難を呼びかけられましたが、
 この騒動に触発され、23:00 反赤服市民団体活動をしている Love Silom Group 約300名が、ルンピニ公園側の赤服側と衝突、瓶などを投げあう事態に。この衝突で妬く0名ほどが負傷したと報道。

 4.23 朝の段階では スカイトレイン Siam, Rajdamri, Saladeng らが駅封鎖、そのためシーロム線は、サトーン通り-トンブリー側のみの運行、およびスクムヴィット線は通常化。
 地下鉄は、北部のタイ文化センターからバンスー駅までの往復運行で、タイ文化センター駅からファランポー駅間は運行停止へ。

 いまや、バンコク都での生活は、あるエリアでは、恐怖がそばにあると認識しなくてはならない時。政府関連の施設、軍関連の施設、赤服がにらんでいるエリア、市民団体が動くエリア。それ以外は、普段と変わらない情景なのですが、注意する意識は必要です。

 
 以下、在タイ日本国大使館からのお知らせを転記します。まもあん

===========================

反独裁民主戦線(UDD)等によるデモ集会・行進実施に関する注意喚起
(2010年4月22日20:30現在)

1.タイ政府当局は、UDDが集会により占拠している地域(ラチャプラソン交差点~シーロム交差点を中心とする地域、地図は大使館ホームページを参照して下さい)における排除に向けた措置をとることを改めて強調しつつ、周辺の治安要員の配置を強化しています。これに対し、UDD側は警戒を強め、占拠地域外縁の6カ所に設けているバリケード及びバリケードにおけるUDD側検問を強化しており、これら地域での緊張が高まっています。

2.現政権支持の市民集会も場所を変えつつ複数箇所で毎夕行われており、明23日(金)にはラマ5世騎馬像前で数万人規模の集会を行うことも予定しております。また、21日夜には、シーロム交差点において、UDDによる占拠に反発する一般市民とUDD側の間で小競り合いが発生し負傷者も出ています。このように、UDDとの衝突等、不測の事態が発生する可能性も排除されません。

3.本22日(木)午後8時10分頃、シーロム地区のBTSサラデーン駅付近で爆発事件が発生しました。負傷者も出ており、同付近での緊張が高まっております。

4.ついては、UDDの占拠地域及びバリケード付近にはできるだけ近づかないようにして下さい。これら地域の近くに滞在する在留邦人、邦人旅行者については、不測の事態に備え、不要不急の外出は控えて下さい。

5.また、これら地域以外の外出にあたっても、報道等から最新情報の入手に努め、不測の事態に巻き込まれないよう十分注意してください。

【ご参考】
【日本語メディア】
インターネット
・バンコク週報  http://www.bangkokshuho.com/
・ダコ・ニュースクリップ  http://www.newsclip.be/
ラジオ
・Jチャンネル24: FM93.75(インターネット www.sakurakiss.net/ )

【英語メディア】
インターネット
・バンコクポスト紙  http://www.bangkokpost.com/
・ネーション紙  http://www.nationmultimedia.com/home/
・MCOT  http://www.mcot.net/EnglishNews
ラジオ
・Wave FM88 FM88
・95.5VirginHitz FM95.5

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)
 FAX :(66-2)207-8511





★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、サイト「まもあん本舗」関連のブログです。
タイ情報満や海外情報満載の「にほんブログ村 海外生活ブログ」や
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ
情報源にご活用を「にほんブログ村 ニュースブログ」とリンク&ブログランキング提携しています。
★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]
by mamoang | 2010-04-23 13:10 | 政治 | Comments(0)