にらみ合いが続く街 バンコク  (4.20-4.21の情勢)

 タイ治安 情報メモ

---------------------------------------------------

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
海外生活ブログ アジア情報でリアルなタイ情報をチェック!】
↑クィックで、ブログランキングもあるにほんブログ村へ↑

にほんブログ村 トラコミュ タイ&アジアン・ニュースへ
タイ&アジアン・ニュース
↑「タイ&アジアンニュース」のトラコミュへ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイへ
タイ
↑「タイ」のトラコミュへ↑

-------------------------------------------------------



2010.4.20 赤服 UDDはラーチャプラソン交差点の占拠拠点を保守するために、6拠点で防御を固める。
1. ルンピニー公園、ラマ4世通り、シーロム側
2. ルンピニー公園、北側裏手
3. マーブンクロンセンター、パトゥムワン交差点
4. アンリデュナン通り
5. プラトゥナム交差点
6. プルゥンジット通り

b0035675_18341533.jpg


(2010.4.20 夕刻 閉ざされたパッポン通りを警備の兵士たちの後ろ姿)

 ラマ4世通りを境に、ルンピニー公園とシーロム通りで赤服 UDD と軍のにらみ合いが続く。
 旧ロビンソンデパートから向い側の The Dusit Thani Hotel へと連絡する高架通路(地下鉄とBTSの駅へ続く)は、
 軍の指定席に。一般の立ち入りは禁止。

b0035675_1837620.jpg


(4.21 撮影 The Dusit Thani Hotel 前)

 軍側には赤服 UDDに対抗しての平行射撃(威嚇射撃ではなく、殺傷能力がある)が許可されている状態。
 M16 A 1 semi-automatic rifles の携帯でしょうか。
 ここでの衝突が、ラーチャプラソン交差点エリアへ発展する可能性ありか。
 今現在は、ラマ4世通りに自家用車もバスも走る。(ただし昨晩 バスが走っていなかったという声も)
 夜や朝方の時間帯は要注意?

b0035675_18404981.jpg


b0035675_184153100.jpg


(4.21 シーロム通りの軍とのにらみ合いの赤服 UDD)

 4.19 夜、チュラロンコン大学病院付近(上記1.のエリア)にて、赤服 UDD の自警団に殴られるなどしたと、チェコのメディアの通訳をしていたタイ人男性が警察に訴えるおいう報道があります。持ち物検査にに従わなかったのが要因か。なので、迂闊に近寄るのは注意すべきな状況。
 4.20 午後 この上記1のエリアへの注意から ラマ4世通りを Henri Dunant 交差点 (Surirawongse Road と交わる地点。事務トンプソンのお店近く)地点からワイヤレス交差点(ルンピニ公園とスワンルン・ナイトバザール、サトーン通りの合流地点)を封鎖する方針のようです。一般市民の足にも大きな影響を与えそうです。地下鉄の利用者が増えるか。


 ラーチャプラソン交差点エリアの経済的影響は多大なもので、13のホテル(うち、新聞報道では、Intercontinental Hotel, Holiday Inn Bangkok は休業、The Grand Hyatt Erawan , the Four Seasons Hotel は新規到着のゲストを入れず、レストランもクローズが多し、the Centara Grand は一部のレストランをクローズするもホテルとして運営中)、30の銀行のブランチ、5つのデパートが休業ないし、制限付きの営業を行っています。そのため ,63,601名がNo work 状態に。今やこのエリアは悪臭漂う空間と聞いています。そこへ、夕刻にあると、バンコク市民が赤い服をきて(中には着ていない)食事などの報酬の代わりに座り込みの参加。夜になるとサポーターの数が増えるという状況に。
 新聞報道では、現在ラーチャプラソン交差点エリアを中心として、15000-16000 名のサポーターが集まるようですが、そのうちの70%はバンコク市民(またはバンコクで生活しているもの)のようです。地方からの支援策は厳しいようですが、バンコク在住側の「にわかサポーター」がややこしい状況。
 ヘリコプター対策として、赤服 UDD は、ロケット花火(バンファイ)を準備させているという報道もありますので、危険度が増してゆきます。


 防御に神経質になってきた赤服 UDD は 4.20 取材陣に対して再登録を促し、タイ語で"Dissolve Parliament"の意味の言葉の腕章を与えています。一方、The Thai Journalists Association は"Press"の腕章を用意。取材陣に着用を呼び掛けています。


b0035675_18444667.jpg


(4.21 Silom Road のバンコク銀行本店)

 シーロム界隈を強化警備している、軍や警察に対する差し入れはさらに増えているようです。
 トラックなどで、水、ドリンク、弁当、カップヌードル、氷やタオルを積んで配る姿も目立っています。
 シーロム・コンプレックス前では、無色市民団体の声が響き渡ります。
 タイの国旗がふられます。


 4.20 IMPACT 会場にて Bangkok International Gift Fair and Bangkok International Houseware Fair が開催されましたが、300名を超える外国人のキャンセルを招いているようです。一部はアイスランド噴火の影響かもしれません。
 また、タイ政府からは、産業低迷へと落ちた観光産業に対して、SME Bank を使っての融資支援策の検討を続いています。


 4.21 1:15 には、バンコクの郊外パトムタニー県 Lam Luk Ka 地区の 航空燃料貯蔵所で爆弾騒動があり。 
火災を招いたものの、人的被害はなし。RPG を打ち込んだ可能性あり。


 以下は、昨晩 4.20 届いた在タイ日本国大使館からのお知らせです。




===========================

反独裁民主戦線(UDD)等によるデモ集会・行進実施に関する注意喚起
(2010年4月20日19:00現在)

1.UDDは、本日20日(火)に大規模抗議活動を行う旨発表しておりましたが、本日現時点におけるまで大規模抗議活動が実施されるには至りませんでした。これに対し、タイ政府当局は、デモ隊がデモ行進等の抗議活動をシーロム通りで行った場合を想定して、シーロム通り付近の警備強化を継続しており、引き続き注意が必要です。

2.また、UDDの一部幹部は、軍による強制排除阻止のための体制強化が終了次第、明日(21日(水))には「アピシット首相の所」(ウィパワディーランシット通り所在の第11歩兵連隊のことを意味するものか、スクンビット通りソイ31の私邸を意味するものかは定かではありません)へのデモを行う旨述べています。


3.他方では、アピシット首相及び現政権を支持する市民集会がチャトチャック公園で毎夕行われる可能性もあり、こちらも注意が必要です。

4.つきましては、今後とも報道等から最新情報の入手に努め、デモ隊が移動、抗議活動を行っている付近には近づかないようにし、不測の事態に巻き込まれないよう十分注意してください。

5.引き続き抗議集会が行われている場所(セントラルワールド周辺)には近づかないようにするほか、抗議活動が広範囲に及ぶ場合には不要不急の外出は控えて下さい。

6.最新情報の入手のために参考となる思われる当地のインターネットやラジオ等(基本的にバンコク近郊のみ)を以下にご紹介します。

【日本語メディア】
インターネット
・バンコク週報  http://www.bangkokshuho.com/
・ダコ・ニュースクリップ  http://www.newsclip.be/
ラジオ
・Jチャンネル24: FM93.75(インターネット http://www.sakurakiss.net/ )

【英語メディア】
インターネット
・バンコクポスト紙  http://www.bangkokpost.com/
・ネーション紙  http://www.nationmultimedia.com/home/
・MCOT  http://www.mcot.net/EnglishNews
ラジオ
・Wave FM88      FM88
・95.5VirginHitz FM95.5


(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)
 FAX :(66-2)207-8511





★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、サイト「まもあん本舗」関連のブログです。
タイ情報満や海外情報満載の「にほんブログ村 海外生活ブログ」や
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ
情報源にご活用を「にほんブログ村 ニュースブログ」とリンク&ブログランキング提携しています。
★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]
by mamoang | 2010-04-21 18:47 | 政治 | Comments(0)