バンコク所々内戦あり、在タイ者の一人としての心境

 タイ治安 情報メモ

---------------------------------------------------

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
海外生活ブログ アジア情報でリアルなタイ情報をチェック!】
↑クィックで、ブログランキングもあるにほんブログ村へ↑

にほんブログ村 トラコミュ タイ&アジアン・ニュースへ
タイ&アジアン・ニュース
↑「タイ&アジアンニュース」のトラコミュへ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイへ
タイ
↑「タイ」のトラコミュへ↑

-------------------------------------------------------



 赤服 UDDの占拠拠点の1つ  パンファー橋エリアでの衝突にて、
 Bangkok medical centre の報告では死者11名(うち1名は 日本人カメラマン 村本博之さんとの報道) 、
けが人は521名で、各病院に手治療を受けています。
 軍側のけが人は230名との報道あり。
 また、今回の衝突で、赤服 UDD側に兵士が人質になっていると報道もあり。

 なお、アピシット首相は23:30頃の緊急会見で、亡くなった方々への哀悼の気持ちを述べています。


 地方では早々にタイ正月的に水かけに興じているようです。
 バンコクにいる身としては、とてもそんな気持ちにはなりません。
 もしもこの攻防がタイ正月期間に入ってしまったら、
 内輪内輪で水かけをするのでしょう。


 さて、以下、私見でございます。
 不適切な表現がありましたらご了承くださいませ。

 土曜日のパトンタニ県のタイコム社の攻防をTVで見ていて、
 大方の軍が撤退したときに、肩を落としていました。

 そして、気がつきました。
 自分は武力での解決を求めていた。そして、赤服 の鎮圧を求めていた。
 外国人でありますわが身は、タイの国内での出来事にどれだけ意見を入れることができるのか。
 しかし、すでにタイでの生活者という身です。
 そして、そうたやすくこの国を出ることは考えていません。
 何よりも平穏さを取り戻してほしい。
 そう・・・期待していました。

 そこで、目が覚めました。
 我がもっと―の1つ、「期待するな、願うにとどめよ」
 期待すると、そのことと反する結果になった際に、マイナスの反動が心を重くします。
 期待しちゃいけない。
 平穏を願うのみ。

 そして、日曜日、パンファー橋エリアでの衝突で、
 多くの死傷者がで、その中に日本人がおります。
 報道という仕事での死。殉死です。
 されど、この出来事が日本社会に大きな影響を与えることは間違いありません。

 整理します。
 バンコクは現在、場所によっては内戦みたいなものです。
 場所は限定されているでしょう。
 その場には、近づかない。これ、鉄則。
 そして、それ以外の場所は本当に、普段通りであります。
 ただし、首相宅があるSukumvit soi 31のように軍・警察の姿が目立つエリア、
 我が家周辺のように、赤服関連施設があるエリアは微妙なところです。
 十分に慎重に行動すべきでしょう。
 
 赤だ、黄色だ、ピンクだと
 タイの国内は着ている色で意思表示をしています。
 迷彩服もその1つ。
 ならば、邦人を失った我は、黒服かどこかに黒を身につけるべきでしょう。
 それが亡くなった方への哀悼の気持ちとなり、
 そして、ささやかな、タイへの抵抗です。
 平穏へ。




まもあん


★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、サイト「まもあん本舗」関連のブログです。
タイ情報満や海外情報満載の「にほんブログ村 海外生活ブログ」や
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ
情報源にご活用を「にほんブログ村 ニュースブログ」とリンク&ブログランキング提携しています。
★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]
by mamoang | 2010-04-11 03:45 | 政治 | Comments(0)