反政府団体 戦勝記念塔エリア封鎖2日目(2009.4.10)

 反政府活動 情報メモ

---------------------------------------------------

にほんブログ村 海外生活ブログ アジア情報へ
海外生活ブログ アジア情報でリアルなタイ情報をチェック!】
↑クィックで、ブログランキングもあるにほんブログ村へ↑

にほんブログ村 トラコミュ タイ&アジアン・ニュースへ
タイ&アジアン・ニュース
↑「タイ&アジアンニュース」のトラコミュへ↑
にほんブログ村 トラコミュ タイへ
タイ
↑「タイ」のトラコミュへ↑

-------------------------------------------------------


UDDによるバンコク都内の道路封鎖から1夜。
 BTSの車内から戦勝記念塔を観てきましたが、昨晩に比べて赤服の数は少ないです。空はまもなく雨模様の雰囲気。

 以下、在タイ日本国大使館からのお知らせメールを転記します。まもあん




【大使館からのお知らせ】

反独裁民主戦線(UDD)等による反政府集会に関する注意喚起(続報1)
(2009年4月10日08:00現在)

1.UDD等親タクシン派集団が求めていた首相の辞任等の要求に対し、9日夜、アピシット首相はこれら要求を拒否する旨の声明を発表しました(なお、同声明により本日10日、官公庁は臨時の休日となることが決定しました)。
政治的決着がついていない現状において、依然UDD等による、首相府近辺におけるデモは継続中であり、
  ・アヌッサワリー(戦勝記念塔)を中心としたラチャウィティー通り、パヤタイ通りの道路封鎖
に加え、
  ・スクンビット通りの、BTSプラカノン駅~ソイ71までの間の西進車線
  ・ウィパワディーランシット通り南進車線
  ・ディンデーン通りとミットマイトリー通りの交差点付近所在の高速出入口
 付近が現在道路封鎖されています(なお高速道路は平常通り利用可能であり、ドンムアン空港、スワンナプーム空港、BTS、地下鉄は平常通り運行しています)。今後も、状況の推移によっては、引き続き突然に幹線道路の封鎖等が行われる可能性があり、当該周辺道路にデモ隊の一部が集結することも考えられます。

2.これら反政府集会は、バンコクでの集会に同調する形で、地方においても小規模ながら実施されています。また、パタヤ市内において開催されるASEAN首脳関連会議の開催に併せ、同市内のビッグC(スーパーマーケット)パタヤ北店付近に約650人程度の人数が集結し、デモ活動が実施されている模様です。

3.これらデモ・道路封鎖等の実施に伴い、現場付近における急遽の交通規制や立入規制、交通渋滞等が予想される他、展開如何によっては不測の事態が発生する可能性も排除できません。現在までデモ隊が当局と暴力的衝突等している事案は認められず、負傷者等の発生も認められませんが、念のため引き続き国内の治安情勢に関して注意を払い続ける必要があります。

4.つきましては、タイに渡航・滞在される方は、報道等から最新情報の入手に努めるとともに、今後とも集会・デモ等が開催されている付近には近づかないようにし、これら集団との不要の接触を避け、不測の事態に巻き込まれないよう十分注意してください。また、タクシー等の公共交通機関を利用する場合、無用の誤解や混乱を避けるため、政治的な言動は慎んでください。加えて、これら集団はそれぞれのシンボルカラーとして赤色(親タクシン派)、黄色(現政権支持派)のシャツ等を着ておりますので、付近地域に外出の際は混乱・誤解を避けるため、同色以外の服装の着用をお勧めいたします。


(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
 電話:(66-2)207-8502、696-3002(邦人援護)
 FAX :(66-2)207-8511
○在チェンマイ日本国総領事館
 住所:Suite 104-107, Airport Business Park, 90 Mahidol Road,
    T. Haiya, A. Muang, Chiang Mai, 50100 Thailand
 電話: (66-53) 20-3367
 FAX : (66-53) 20-3373



まもあん


★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
本プログは、サイト「まもあん本舗」関連のブログです。
タイ情報満や海外情報満載の「にほんブログ村 海外生活ブログ」や
旅行好き&海外情報が集まる「にほんブログ村 旅行ブログ
情報源にご活用を「にほんブログ村 ニュースブログ」とリンク&ブログランキング提携しています。
★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★=★
[PR]
by mamoang | 2009-04-10 13:19 | 政治 | Comments(0)